maison de fanfare


写真家の姉と服飾雑貨制作の妹によるユニット         kayokonakamura.com    maisondefanfare@gmail.com
by maisondefanfare

5月5日 みんなで弘前

いとこみんなで、弘前にお花見撮影に行ってきました

とゆうか、元々はちゃんと撮影で行く予定で、

前の日にえりちゃんに会ったら みんなも 弘前に行くというので

一緒に行く事にしました!!やった!やった!


お正月以来の、完璧な休暇なので、ずっと楽しみにしていましたー!!

よく働いたご褒美みたいな〜


私たちは本当に仲が良くて、小さいころは いっつも休みは遊んでいたのですが、
久しぶりにみんなで行くのでテンションも上がりますよ

この日は、4時半起きでも平気ー!!

6時に家を出発です。

いや〜、迷うかもと不安でしたが けんちゃんの車について行ったから安心でした


まあ、いろいろあって結局、別々で弘前入りしたんだけど、楽しかったです。


初めて、車で八甲田山を登っていったのですが、
e0230987_18463958.jpg


雪があるんですよ〜びっくり!!しました
e0230987_18481096.jpg
e0230987_18473682.jpg
e0230987_18471170.jpg


3,4mの雪の壁がまだあるし、山頂付近はスキーしてました

酸ヶ湯は、吹雪で見えませんでした

って、吹雪ってて感じでしょ?!

まじで、吹雪なんですよ、私は、もう1mしか前が見えないとき、
もしかしてこのまま天国に行くんじゃないか と本気で思いました

ぜんぶ白い世界です、なのでPENのフォーカスが合わないので、
もっと白い所は撮れてません、けど十分白いです。



はあ〜、なんとか山を降りると けっこう 早く 弘前に入ることができます!

近い〜4時間ぐらいも、運転が好きなので苦ではありません。


はいい、到着!弘前市!

e0230987_18543244.jpg


さらです かわいい〜

けどこの日知ったのですが、さらは けんちゃんが 大好きなんだってー

今まで、かよちゃんが好きだと思ってたから、ちょっとヤキモチ。。

後日、江口さんに さらは かよちゃんが お気に入りだよねって言葉で ヤキモチは治りました。

e0230987_18583566.jpg
e0230987_18581250.jpg
e0230987_1857463.jpg
e0230987_1857204.jpg



あっと、私のケータイにつけている のんちゃん を みて
さらが  『さかな〜♡』 って言ったのが すこぶる 嬉しかったです。よく、小さいのに分かったね!
さけの稚魚だよって教えたら、 『さけのちぎょ♡』って言ってて かわいかったです。


弘前公園は、完璧なほど美しくて 心地よい季節と 時間でした


観光地なので、人がわいわい楽しそうで そういう家族を観ると こっちも癒されます
そういう、観光地に来たという感覚も手伝って、楽しさ倍増です


あら、たくさん遊んだから眠くなって来たかも
e0230987_15473693.jpg


では、っということで もちろん記念撮影!
e0230987_15484114.jpg

これ、あとで送るから楽しみにしててね〜!

はい、そして小泉家の HOPE を初めて紹介します☆

太一ぼっちゃん です。
e0230987_1550835.jpg
 

このあだ名は、えりちゃんが付けたそうですがナイスだと思ってます。

6ヶ月だそうです。かわいい〜 
今年は、太一ぼっちゃん と ももはちゃん を追っかけて撮影して行きたいと考えています

すぐ、成長しちゃうからね〜 気づいたら高校生で 私と口をきいてくれなくなったら って
思ったら、今しかないって感じです。

みんなは、日帰り。帰りに、ジェラート屋さんによるって言ってました。

そして、悲しいことに明日 茂木ファミリーは埼玉に帰ってしまいます。
悲しい〜、お見送りは寂しいです。

最後にさらをだっこした時に、お別れだよって言ったら 分かんない なりにも 寂しそうでした
e0230987_15571369.jpg
e0230987_15565045.jpg


15時の弘前  寂しいけど、みんなで一緒にいれた喜びに比べたら小さいと自分に言い聞かせて

散歩しました。

ホテルまでの途中、すっごく素敵なカフェを見つけたんですよ。

TUBE LANE というとこです。
フォンダンショコラとコーヒーを飲んだのですが、美味しかった。
毎日通いたい!!



kayoko nakamura
[PR]
by maisondefanfare | 2011-05-05 18:37 | 写真 | Comments(0)
<< work shop 夜のさくら >>