maison de fanfare


写真家の姉と服飾雑貨制作の妹によるユニット  kayokonakamura.com maisondefanfare@gmail.com
by maisondefanfare
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

大谷真樹 先生

去年の11月に、今ではとっても大切な仲間や先生と出会う事ができました。

今では、本当に出会えたことを感謝しています。


商売とか、経営とか、そういった物を1mmも解ってないわたしに、勉強してこいっていう
お達しが出まして、

え〜〜全然分からないんだけどー 乗り気じゃないんだけど、、、という
不安いっぱいで、しかも 風邪をひかないのが私の自慢なのに、
やばいぐらいの風邪をひいて もう休もうか と思って 5分遅刻して 会場に向かいました。

それが、大谷先生との出会いの始まりでした。

出会った瞬間、 うわっ写真よりも本物は素敵だし、なんて素敵な声なんだろう と
お世辞抜きで思った事を忘れません。

その後、中村家では 大谷先生は 八戸市の姜尚中 というあだ名になるのですが(笑)

匹敵するぐらい素敵な人です。


経営とかに関すると私なんて素人で  一応、開業するから

卵がひよこになりますよ、ってとこなんですが 意味分かるかな


そりゃあ、産まれたてのひよこが初めて目にする親鳥が大谷先生だったら

好きになるに決まってるよ、親だもんって気持ちです。


ていうぐらい、教わることが多くて勉強になりました!


もちろん、厳しい人ではありますが 温かい人です。


先生に教わったことは、しっかり私に入っていて ありがたや〜とひよこは親鳥を思うものです。



先生に教わらなかったら、もっと私の信念はグラグラしていただろうし もろかったと思います。


ありがとうございます。



本当に、出会いはどこであるかわからないもので、期待してなければしてないほど、
良い事があったりして。

ありがたいです  




そして今、大谷先生は来年の草津の大会のために肉体改造にいそしんでいます!

だいぶ本気で、禁酒までしてます。ストイックです。

かならず、来年の草津の大会は応援しに草津へ行くし、撮影もしようとたくらんでいます。




先生のエッジの利いていた時期の名言は
             『寝たら死ぬぞっ』 です。

ビジネスをするのは、気を抜くな とかって意味ですが、リアルにこの時期 一緒に働いてた方々は
寝てません。

そんな事を平気で言う ストイックさが、パンチが好きです。

産まれたてのひよこは、親鳥が一番好きです。
e0230987_12553441.jpg




kayoko nakamura
[PR]
by maisondefanfare | 2011-05-14 12:24 | 出張したこと | Comments(0)
<< fanfare  night おはようございます >>