maison de fanfare


写真家の姉と服飾雑貨制作の妹によるユニット  kayokonakamura.com maisondefanfare@gmail.com
by maisondefanfare
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

スパイラル

昨日の夜は最高に楽しかった。

夕食の時に、りく と さら が隣に座ってくれたからだ。

なぜか、よっぽどパワーを使っているからか、旅に出ると夕方眠くなる。

昨日は7人でごはんを食べた。

たけしが早く帰って来れたから、みんなで食べられて 盛り上がりも気温と共に すごく上がって
みんなのビールがよく進んで、おもしろかった。

りくおは、まだ4歳なのにクラッカーにクリームチーズと生ハムを載せて食べていてリッチだなあ〜と
びっくりした。
あの年で、あんなに美味しいものを食べて、食後にハーゲンダッツを食べたら
35歳ぐらいになったら、西麻布のレストランにしか行けなくなる、、
イタリアンもキャンティしか、食べられなくなりそうだけど、かわいいから許しちゃう。

お菓子のラムネで、占い付きのやつがあるんだけれど
りくが、さら に
『さらちゃん、運命の味食べてみようよ〜』
って言ってて、すごい一言だと思った。
運命の味はぜひぜひ、食べてみたいし、その一言は言ってみたいし、言われてみたい。


たけしは、かっこいい!顔が、シャキーンってしている気がする。
昨日も、話が盛り上がって、ずっとみんなで笑っていた。
わたしの、くだらない事に付いて来れるのは、親戚では、たけししか、いない気がする。

食後に、森川家のアルバム全集ぐらいたくさんみんなで見た。

たけしと付き合いたてのゆみちゃんは、めちゃむちゃ可愛かった。
生娘の釈由美子みたいで、ピチピチ ルンルン キラキラ していた。
一言いうが、今がそうではない というマイナスの事を言っているのではなく、
たけしの事が好きなんだなあーっって気持ちで溢れていた。


日常は、毎日毎日、あってちょっとつまらなく感じる時もたまにある。

けれど写真にして久しぶりに見ると、それは今とは全然違ってみえる。

変わるのだ、確実に本当にどんどん変わる。

人は、私の事をよく変わらないねーっていうけれど、ちょっと違って
変わらないのは元気が良いところだけだ。

あとは、結構変わっている。味覚とか、視覚とか。感覚とか。

二人の写真は、プライベートすぎて見てるこっちが、照れてきた。新婚さ〜んっだった。


たけしが、一眼レフを ガンレフって言っててビッビった。

結局、硫黄島の写真は見つからず見れなかったので、
上手い具合に次にゆみちゃんのお家に行く理由ができた。


たけしの赤ちゃんの頃の写真もあって、見たら最高にどんな物よりいいアルバムだった。
良いものは時代を超える
すぐにその時に連れってってくれる。

お父さんは太極拳の先生らしく、ぜひお父さんのポートレートを撮りに滋賀に行きたいー。

前日、ゆみちゃんが りく に
『明日、えりちゃんとさらとかよちゃんが来るよ』
っていったら、
『え〜さらちゃんだけで良いー。やっちゃんは〜!かよちゃん、カメラ撮るの?カメラ撮るの?』
と、言ってたらしい。

今回もバンバン撮った。



帰るのが嫌で、ずっと帰りたくないダンスをしていたら

神様は意地悪で、電車のトラブルで新幹線の駅のホームに着いたのが
出発2分前ぐらいだった。
まじで焦ったー本当に帰りたくなかったけど、まじで帰れないとこだった〜。
あせるー
よくあるけれどね。
[PR]
by maisondefanfare | 2011-07-13 23:46 | Comments(0)
<< 写真展2 ファンファーレ チォカリーア >>