maison de fanfare


写真家の姉と服飾雑貨制作の妹によるユニット         kayokonakamura.com    maisondefanfare@gmail.com
by maisondefanfare

もし

もし、自分がクマだったら、今日のような雨の日は

全身の毛が濡れてしまい、最悪な気分になっただろう。

人間で それでいて

屋根のある場所にいて良かった。

でも、全身が体毛に包まれている動物たちは

こんな大雨の日のことをどんな風に思っているかは

知らない。



今日、店の前で
東京μ粒子 ー 松岡一哲 photo exhibition
のリーフレットをじっくり見てくださっているお客様がいらっしゃいました。
(先日、松岡さんから送っていただいたもので、mdfの店頭に置かせていただいております。)


わたし「是非お持ちになって下さい」


お客様「僕は、写真を見るのが好きなんだけど
こっち(八戸)ではなかなか展示が見れないんだよね。」

*ちなみに松岡さんの展示は東京のTHERME GALLREYで行われています*

そのあとも、いろいろお話しまして
姉のポストカードを丁寧に一枚一枚見ていかれて
気に入ったものをご購入してくださりました。

私が驚いたのは、八戸では写真の展示をなかなか見れない
と思って下さっている方が八戸にいらっしゃったこと!

確かにそうですよね、、(これは八戸にあきらめをもっている発言ではありませんよ!)


写真を 純粋に
真剣に
見るのが好きという方にはなかなかお会いできないので
今日は素敵な出会いに本当に感謝です。

自分の作品ではないけれど、
姉が本気200%で真剣にシャッターをきっているのを
いつも隣で見ているので

なんだかとても嬉しかったです。



あ〜、父が定年退職したら、
アート書籍や、海外のファッション雑誌、
写真集などを扱うマニアックな
本屋さんを経営する
という第二の人生を選択してほしいと切に願います。


おまけ:チェコで買ったポストカードとmaple houseのオーナーに頂いたカード。デスクの前に飾っています。
e0230987_2320304.jpg



ぼやき つぶやき できごと日記でしたっ。

ナカムラヤスエ
[PR]
by maisondefanfare | 2011-09-18 23:27 | 店でのこと | Comments(0)
<< 赤ちゃんが産まれるということ HISASHI >>