maison de fanfare


写真家の姉と服飾雑貨制作の妹によるユニット         kayokonakamura.com    maisondefanfare@gmail.com
by maisondefanfare

はっちがちっちゃな街になる。

本州最北端に位置する青森県。

ここのところは一段と寒くなって、冬到来です。

風の子になってころころと外を歩くのが楽しい季節です。



来る11月26、27日は、はっち全館を貸し切って大規模なクラフト市を開催します。
その名も「はっち市」。

全国から陶器、木工、ガラス、染織り、などのものづくりを生業としている作家が50人以上集まる大規模なお祭りです。
はっちの1階(は一丁目として)〜4階(四丁目)まで至る所にお店が並びます。


一日じゃ見きれないという方もご安心あれ!2日間のイベントなのです。


クラフト市のお楽しみのひとつである食べ物ブースもかなり充実しております。
ブラジル料理、ポルトガル料理、インド料理、など普段はあまり食べ慣れない料理が盛りだくさん!
他にもジャム屋さんや、パン屋さんなどもあります。

そして、2階のシアター2ではライブや、パフォーマンスが一日中開催されます。
ゲストはなんとピーター•バラカン!!きこえないふりをした、類家心平、ちだ原人などなどです。
「幸せの経済学」の映画上映もあり、その後映画について、そしてこれからのことについて話し合う時間も設けられております。


2階のギャラリー2では、ちびっこアート広場をやります。
好きな色を好きなだけ、自分の思う通りに塗ってくれる元気なちびっこ集合です。
一緒に街をつくっちゃおう!

3階では、伝統工芸である裂き織の無料体験や、フェルトマフラー、フェアトレードのビーズを使ったアクセサリー作りなどのワークショップも楽しめます。

ギャラリー3では、佐々木良市さんのコレクションによる襤褸の展示があります。

はっち裏の番長スクエアでは、ノースビレッジによるワークショップやロープを使った綱渡りなどの遊びもご用意されています。


そして、私たちのいる4階では、食のスタジオで、県内のカフェやレストラン、和食屋さんなどによるはっち市限定のカフェがオープンします。cafe Ortaやほむら、アソブノトコロなど。

私たちは、
普段通り店舗でのオープンですが、このために制作した新作をご用意致しましたので、ぜひお立ち寄りくださいませ。

そして今回は、東日本大震災により被災され、岩手県野田村の仮設住宅に住む方々が作られた
小物も店頭で販売しております。こちらで得た収益は全て、小物を作った本人の収入になります。
愛情を込めて作られた小物たち、すごく可愛いですよ!是非ご覧下さい。


という感じで、
はっちの中がひとつの街になります。
食べて、遊んで、買い物して、ライブ観て、少し休んで(休憩できる場所もご用意しております)、映画観て、ものづくり体験して、帰宅。

外は寒いけれど、はっちの中は暖かいので一日中遊べます。
好奇心を照れ隠しなさらずに、ぜひ触れて、感じ取って下さい!

そして、これからの生活がちょっとでも楽しくなるきっかけをおうちに持ち帰ってください。



皆様お誘い合わせの上、たくさんのご来場を心よりお待ち申し上げております。

maison de fanfare
中村 泰栄
[PR]
by maisondefanfare | 2011-11-25 23:28 | 店でのこと | Comments(0)
<< はっち市レポーーーーート!! 楽しい時間 >>