maison de fanfare


写真家の姉と服飾雑貨制作の妹によるユニット         https://maisondefanfare.tumblr.com  maisondefanfare@gmail.com
by maisondefanfare
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

birdland#3

うまくやれないもどかしさと
ちょっとずつしか進めないもどかしさと
足りないもどかしさと
どうしようもないことへのもどかしさは


自分以外のみんなが救ってくれる、感謝を感じるきっかけになる。


お正月明けに、宮沢賢治の アメニモマケズ の詩の意味が本当に
よく理解できた。


生きる、ということはつらい事ばかりの連続だ。

絵に描いた幸せな生活なんて、ある訳ない。
努力しないと、つくることの出来ない時間と空気を
私たちは、幸せは自然とあるものだと勘違いして 自分にはないと悲観的になってしまう。


どうにも、ならないことだらけで、不甲斐なくて、自然の猛威の中での人間は
小さくて、怖くなる。







まずは、自分の人生を本気で生きることで、何かがかわる。


そう感じた、お正月明け早々の撮影は小さい女の子が
私のために、習っているピアノを披露してくれました。


グランドピアノのその音色は、なんていう曲かは知らないけれど、
私のために弾いてくれただけで、どんな音楽よりも至福を与えてくれました。


今年も、撮影の依頼を頂いたご家族やクライアントの方々と
1対1での気持ちを一番に写真を撮影していきたいと思っています。



e0230987_1830132.jpg



それにしても、月曜日の吉田さんとの2時間は、笑いの嵐でした。
美容室も1対1なところが良いよね。



kayoko nakamura
[PR]
by maisondefanfare | 2012-01-18 18:35 | 写真 | Comments(0)
<< 臨時休業のお知らせ ブレーメンの音楽隊 >>