maison de fanfare


写真家の姉と服飾雑貨制作の妹によるユニット  kayokonakamura.com maisondefanfare@gmail.com
by maisondefanfare
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

醒めない夢

みなさま、春の陽射しが葉っぱの影をあしもとに落とすうららかな日々、いかがお過ごしでしょうか?
私は、周りの方に支えて頂きながらなんとか新生活を始め、
服飾学校の授業が始まり、多くの発見や学びの中で元気に過ごしています。

私が通っているのは夜間部で、様々な年齢層の方々と出会えます。

今日は授業前に
マークジェイコブズの回顧展をみに行ってきました。
e0230987_23105733.jpg

会場は南青山にある「IDOL」
マークさんは(呼び方これでよいの?)自身のブランドも運営しながらルイヴィトンのクリエイティブディレクターをされています。
e0230987_23144746.jpg

国内外のショーの中でも彼の演出は溜息ものの素晴らしさです。

なかでは、写真と服が展示されていました。なんと写真OK!なので載せます。
e0230987_23211577.jpg
e0230987_23204855.jpg
e0230987_23194027.jpg
e0230987_23191925.jpg
e0230987_2319540.jpg
e0230987_23183873.jpg
e0230987_23182115.jpg
e0230987_23175793.jpg


他にもバッグを作る工程を映像に起こしたものも上映していました。
e0230987_2323672.jpg

このバッグが出来上がります。
e0230987_23235131.jpg

並々ならぬ手間と労力がかかっています。

彼はインタビューで、
ショーをやることで人に夢を与えたいと言っていました。
ただ服があっても欲しいとはあまり思わない。
夢を感じるから欲しくなるんだ、と。

いつか会ってみたいです。

先週末は去年から密かに憧れている写真家のエドワードスタイケンの写真展をみに世田谷美術館に行ってきました。
e0230987_23341366.jpg

美術館前でおじいちゃんがウクレレ、お孫さんがトイピアノを弾いていてなんとも和やかな雰囲気でした*
今までネット上で画像しかみたことなかったけれど、本物の良さには圧巻でした!
とても贅沢な時間を感じさせる服を着たモデルや著名な人々。
光と影を語っていいのは写真家だけ、と言っていた姉の言葉の意味がようやくわかりました。

新たな場所でのアトリエも昨日完成し、作れていなかったものの制作がやっと始められています。
e0230987_23462466.jpg


これは、先月納品した紳士のオーダーベストです。
e0230987_23434327.jpg

e0230987_2344116.jpg


本当にいい生地は自分を助けてくれます。この生地を与えてくれた依頼主様に感謝です。

さぁ、明日も頑張ろう!

中村泰栄
[PR]
by maisondefanfare | 2013-04-10 23:48 | 展示 | Comments(0)
<< 体温のあたたかさ 新たな一日 >>