maison de fanfare


写真家の姉と服飾雑貨制作の妹によるユニット         kayokonakamura.com    maisondefanfare@gmail.com
by maisondefanfare
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

クレマチスのコートと白いばらのシャツ

去年の夏、八王子にある奥田染工場へシルクスクリーンの染め研修に行ってきました。
奥田染工場は、東京コレクションや若手のブランドから有名ブランドのテキスタイルを支えていると言ってもいいくらいの素敵な工場です。
今回は私の通う服飾学校の二部生(夜間部)が募集定員20名のところ、40名以上の応募があったにも関わらず全員受け入れてくださいました。

版を作り、魔法の手を持つ職人さんや、色出しの職人さんに教えてもらいながら、自分が持って行った生地に染料染め、顔料染めのどちらも行いました。

色出しは中々難しく、思ったようにいかなかった場合でも、自分の想像を超えていい色に仕上がったりして、真夏の暑い中汗をかきながらみんな夢中で作業をしました。

そして仕上がった生地でオーダーをいただいていたシャツと、作品としてスプリングコートを作りました。
e0230987_2326416.jpg

こちらは、ダンガリー生地に白いばらを染めたもの。
デザイン画を描いていただいて、そこから作りました。
ボタンは木でできていて、ボタンの専門店で服を広げ、選んだ物です。
e0230987_23283589.jpg

脇にはグレーのばらもちらりと顔を出しています。

e0230987_23295617.jpg

クレマチスが咲く時期に着れるコート。

e0230987_2331278.jpg

バックスタイル

クレマチスのコートは、3月に展示会があってそれに出します。
詳細はまた後ほどアップします!
他にも色々染めたのでまた作ったら載せます。


シルクスクリーン繋がりで、芸大で版画を専攻している方の服も作りました。
e0230987_2334486.jpg

e0230987_23353971.jpg

生地はダブルガーゼで、ボタンはフランスのアンティークボタンを使いました。

ボタンが好きなので、ボタン屋に行くとにっこにこしちゃいます。
友人からお土産などでボタンもらう事も多く、いつも箱から出して眺めては
良い気分に浸っています。標本作ろうかな(o^^o)

こんな感じで日々作っとります。

先日作業机に遠くから机を運んでもらったり、今日は縁あってジャケットに使えるような生地をたくさんもらいました、ありがとうございます。

また書きますね、なにか質問があったらお気軽にコメントください。



中村泰栄
[PR]
by maisondefanfare | 2014-01-21 23:52 | お洋服 | Comments(0)
<< maison de fanfa... あけましておめでとうございます >>