maison de fanfare


写真家の姉と服飾雑貨制作の妹によるユニット  kayokonakamura.com maisondefanfare@gmail.com
by maisondefanfare
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

星屑の飲んだくれ

日々の生活の中で楽しい事と言ったら
気の置ける人たちとお酒を飲むことが、私の中ではTOP3に入る
それぐらい、みんなとお酒を飲む事が大好きで、それが生き甲斐といっても過言ではない

私は実は、健康志向なので、普段は週3回ぐらいしかお酒を飲まない様にしている
これは健康管理の為に怠る事無く、比較的守って生きている

しかし飲み会が入ると心が踊り、そして自分がいつもよりきらめくことが自分自身でもよくわかる
体の細胞が生き生きしてきて、気持ちが高揚する
このとき、この気持ちがある方がよっぽど健康にいいのではないか?!と しっかり認識して飲みにいく。

そしてそういう時は、自分が店を選べる場合、初めてのお店にはいかない
通い慣れた店にしか連れて行かない
美味しいものが好きなので、そうでないものに出会う場合が嫌だからだ。

けれども私は基本的にまず相手に行きたいお店を伺うので、そこで初めて知らない店に行く
これにより私の人生は開拓していくのだ。


先日の八戸での展示会の際に、唯一1人だけ飲みに行く約束をしていた

この方とは以前から姉妹揃って仕事でお世話になっていて、最初は仕事だけの中だったのだ。
ひょんなことから仕事の相談をするために、私たち姉妹と飲みましょうとお誘いして
朝まで飲んでしまった。

楽しすぎる、面白すぎる、しゃべりすぎる。
こんな楽しい宴は天国ではないかというぐらい大笑いし
飲むペースも一緒で結構飲んだけれども、次の日にはマジックのように2日酔いにはならなかった

という夢の宴体験をしたために
夢カムバック!!!と願い、先日も姉妹でお誘いした。


それまで私はずっーーーと不眠不休で展示作業に勤しんでいたため、
久しぶりに外でお酒を飲んだ。
一口飲んで、なんて美味い、五臓六腑にしみる〜と感じていた。

毎回、話しの内容が込み入ったものが多く、あまり人様に聞かせられない事が多いため個室を取る
個室って怪しい雰囲気っと、文字にして思ったので、補足しますが
たまたま2階に入った客が私たちだけで、たぶん全部埋まったら30名は入るよな?って店に私たちだけだったり、
今回もこのお店はあんまり客が来ないんですっていうのでいったら、私たちだけという
ラッキーなパターンということなんですがね。

この方と飲むと何がそんなに楽しいかと言うと、ずっと話していてくれる
しかもその内容が、ずば抜けて面白くて、けれどもくだらなくて、すっきりさっぱり爽快気分になり
どんな会話のパスにも、レシーブを入れてくれる
まるでジェットコースターに乗っているように、場面がどんどん変わっていき、ずっと笑っていられるのだ。

その瞬間、ホストクラブに行ったらこんな気持ちになるのかしら?
この人に会うためなら、お金出しちゃお♬
っと全くホストクラブに行った事はないのに、つい通ってしまう女性の気持ちが理解できるように思える。


お酒を飲み交わして、初めて人間性がわかるような気がする。


ということで東京の展示は、18時からはもう飲み始めちゃおうかと思っております。
今回のギャラリーは運良く1階には小さなカウンターが付いています。
地下がギャラリースペースなのです。

21時までと夜までopenしているので、多少は用意もする予定ですが
よろしければ自分が飲みたいお酒をご持参頂きまして一緒にお酒を飲みましょう。


日頃の労をお酒で流して、東京の星屑へと夜空へ浮かべましょうemoticon-0171-star.gif



e0230987_23491464.jpg




kayoko nakamura
[PR]
by maisondefanfare | 2015-10-15 23:51 | 日々のこと | Comments(0)
<< 「あたらしい日々」東京展示  ... 渇いた風   秋のそら >>