maison de fanfare


写真家の姉と服飾雑貨制作の妹によるユニット  kayokonakamura.com maisondefanfare@gmail.com
by maisondefanfare
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ふたつの場所で、ふたりの足跡

みなさまこんばんは。
私の現在の住まいにテレビが無くて家では専らラジオを愛聴しております。故に、ラジオのDJふうに今夜は参りたいと思います。

先日、
私どもmaison de fanfare(メゾンドファンファーレ)の写真と服の展示会「あたらしい日々」の搬出作業が無事に終わりまして、全ての日程が終了いたしました。ふーっ、とっても良かったです(ガッツポーズ)

随分と遅くなってしまいましたが、ご来場くださった方、メールなどのご連絡をくださった方、本当にありがとうございました。自分たちがどれだけの方に支えられて今を過ごしていられるかを実感しました。
それと、やっぱりこうして好きな事を仕事にして大切な人たちと関われていることはすごい幸せなことだし責任重大だな、と思いました。
改めまして、姉のかよこは写真で、妹の私は服飾雑貨を作っています。
作っているときは、無意識に自分の全てを出すのでへとへとになってしまう事もあります。
でもお客さんの手元に届いて受け取ってもらえた時や、着てもらえた時、言い方は変かもしれないけど全てが報われるような気持ちになります。
もちろん全てオッケーじゃないときもあるので、その時はその場に応じて直していく。
んぎゃー、ほにほにほに...(これは南部弁です)ってことに立ちはだかることもあるけれど、とにかく最後まで手を動かし続けてあきらめない。
私たちはふたりしかいなくて、お互いがそれぞれの仕事のために最初から最後まで手を掛けています。それは最大の責任重大任務であり、最高に幸福な仕事です。最後まで手をかけたものを直接お客さまに渡せるのは(*^^*)う〜ん、ありがたいっす。

熱くなってきたので、ここで一曲。荒井由実さんで
「やさしさに包まれたなら」
♪〜

魔女の宅急便いいですねぇ。おそのさんが淹れてくれる珈琲のなんて美味しそうなこと...。

ところで八戸でも東京でもたくさんの方に来ていただくことが出来て、たくさんの励ましのお言葉やお花や贈り物をいただきました。お客さんやお友達(数年ぶりの再会も!)、親戚やいとこのみなさま、学校の先生や習い事の先生、ご近所さんや美容師さん、バイト先の方々、写真や服が好きな人、東京の展示では八戸出身だからという理由で来てくださった方もいらっしゃいました♡うれしがったじゃー。
「何人来たの?」と聞かれましたが、我ら2人は来てくれたら「きゃー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆×2」となっていたためカウントして無かったのでわかりません。でも、今でもどなたが来てくださったのか鮮明に思い出せます。むしろ朝起きてご飯を食べてるときに思い出して、よっしゃ!となって1日を始めています。
あの時のことが日々の糧となり、今に繋がっております。

昨年末はかむかいのおばちゃん、今年の夏には一緒に暮らしていた祖母が亡くなってしまい、現実を否定したくなるくらい悲しい毎日が続いていました。そんな中で、展示会期間中に、祖母がニッコニコの顔でこちらを見ている夢を見ました。初めて夢に出て来て、しかも笑っていてすごい励まされました。
私は今はできることをがんばろうと思いました。

では最後にこの曲を
高橋優さんで「福笑い」
e0230987_23205349.jpg

おやすみなさい、泰栄でした(*^^*)
[PR]
by maisondefanfare | 2015-11-23 23:19 | Comments(0)
<< 日本に生まれて いよいよ東京での展示が始まります!! >>