maison de fanfare


写真家の姉と服飾雑貨制作の妹によるユニット         https://maisondefanfare.tumblr.com  maisondefanfare@gmail.com
by maisondefanfare
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

生まれたてのドレス


ただそこにいるだけでいいんだよ

という柔らかな想いで、誰かをみつめることは年を重ねる度に少なくなるように感じる。

お金、野望、期待、効率、競争、
世界一。
もちろん基本的な欲望やプライドは誰でも持ってるからそれが悪いわけではないのだけれど、たまに俯瞰して見るとどれも本当に大切なものなのかなぁ?と思ってしまう時がある。何かを忘れてやしないだろうかと目に見えないものを探り出して考えてみたりする。
e0230987_13150671.jpeg

そんな時に
「今度赤ちゃんが産まれるのでベビードレスを作ってほしい」とのご依頼をいただいた。

赤ちゃんのお名前や、その意味を教えていただき作品のコンセプトを固めていった。
お名前の意味は
「ただそこに在るだけでいいんだよ」
なんとも深い愛を意味している。なんだか全てを包み込むようなホッカホカのあたたかさだなぁと思った。
よし!このデザインのコンセプトは「太陽と月と星のベビードレス」に決めた。赤ちゃんが太陽でそれを中心に存在する星や月をモチーフに制作しよう。
そこから生地選びに取り掛かった。相手が赤ちゃんなので、自分も赤ちゃんになった気持ちで選ぶ。
これが難しかった。生地を触って触って触りまくって、殆どイヤなものばかり。可愛くて白くてドレスに相応しくて気持ちいいものは中々見つからなかった。生地屋を何軒もハシゴして高く積まれた生地の中からひとつひとつ触って判断していく。難しいけど、宝探しみたいで大好きな作業ではある。
e0230987_13134595.jpeg

そして作業開始。ミシンを使うと固くなるので殆ど手縫いで縫った。赤ちゃんのことを思うと、心も穏やかになって気持ちのいい音楽をかけて、手を動かした。

今回のオーダーで1番驚いたのはクライアントであるお母さまが「楽しんで作ってね」と仰ってくださったこと。今までは自分を追い込んで追い込んで期日までに必死で苦しんで作っていたような気がする。自分の内部を削って作ることが、クリエーションだと思っていたのだ。
言葉は魔法で、今回は本当に楽しく作ることができた。赤ちゃんの服も靴も小さいし、可愛い、白くて優しい生地とレースに囲まれて刺繍したり、手縫いしたり。こんな風にものをつくることって出来るんだなぁ〜と驚いた。
そうして出来上がりました。
帽子
e0230987_13043642.jpeg


スタイ
e0230987_13052463.jpeg

e0230987_13060913.jpeg


ベビードレス
e0230987_13063675.jpeg

e0230987_13071758.jpeg


おくるみ
e0230987_13081211.jpeg


e0230987_13095278.jpeg

e0230987_13103047.jpeg


赤ちゃんが着たところの写真をお借りしました♡最近片方の手を掴むことを覚えたそうです。
e0230987_13104942.jpeg


可愛いあんよ
e0230987_13110618.jpeg



この度は、ご依頼いただきましてありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げます。
赤ちゃんがすくすく成長しますようにお祈りしております♡

これからも、書けるときは服を作る物語をブログに綴りたいと思います。

maison de fanfare
中村泰栄


[PR]
by maisondefanfare | 2016-04-20 12:12 | お洋服 | Comments(0)
<< maison de fanfa... 卒業制作ショーありがとうございました >>