maison de fanfare


写真家の姉と服飾雑貨制作の妹によるユニット         https://maisondefanfare.tumblr.com  maisondefanfare@gmail.com
by maisondefanfare
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ワンピース レボリューション

私が洋服に対して、着心地を重視するようになったのはいつからの事だろう。
たぶん、写真家の先生のアシスタントをしていた頃からように感じる。
撮影に入る時は、邪魔にならないように無彩色の服を着て、動きやすく機能的な素材を重視するようになった。
買う服も無彩色をメインにカットがシャープなものなどを好む様に知らないうちに、変化していった。

妹が洋服を作っていることもあり、
色々な洋服を店頭や展示会やwebなどで見たりするが、自分の好みのもの意外は特に興味が湧かないものだったりする。

今回の「Sisters」での展示会の服は、ワンピースのものが多い。
私自身、ワンピースを着るのは、相当気合いの入ったパーティーとか結婚式などでしかなく、
私にとっては日常用の服ではあまりない。
汚れたりしたら困るし、大切に着たいと思うからこそ日常からワンピースは遠のいているのであった。

実際、生地を良さを教えてもらって物の良さを知ってはいるし、丁寧な手順を踏んで出来上がっていることは知っている。
ただ、ワンピースは実際に自分では着た事がなかった。

e0230987_23164931.jpg


そーるぶらんち新丁での八戸での展示の最終日、いよいよ展示も今日で終わりかあ。っとセンチメンタルになっていた矢先、
母親が訪ねてきて、ネイビーのワンピースが欲しいから試着してみたい。と言っていた。
私も、ネイビーのワンピースはとても可愛いと思っていたし、デザインも素敵なの服だなあと思っていたので
試着に興味津々だった。
着替えて出てきた母親に私は、度肝を抜かれた。。。。

とても若く、可憐に、細く、美しく見える。

びっくり仰天、ワンピースがとても似合っていた母親を私は大絶賛していたのだった。

ええ?!?!自分も着てみようかなあ♪

e0230987_23172198.jpg


足など太いので気まずいが、まあ身内しかおらんし、着てみようとネイビーのワンピースを着てみた。


びっくりするぐらい、鏡に映る自分が綺麗に感じた。
可憐なお嬢様って感じで、とても感じがいい。
ワンピースを着るだけで、自分をこんなに良くみせれるもんかい?!っと感動さえしてしまった。
まさしくマジックワンピース!!
普段、ワンピースを着ない私は、軽いコスプレのようにも感じたが
自分がよく見えるだけで、大分気持ちが良いものだ!!

気分が良くなった自分は、下の階に居るタクさんやYAMさんに、自分の姿を見せに行ってみた。

言わずもがな、タクさんとYAMさんは、とてもおしゃれだ!!!
正直、自分が知っている男性陣の中でもTOP1,2を飾るぐらいのファッショニスタだと思っている。
もちろん、今まで自分の容姿を2人に褒めてもらった事などない。
というか、自分の人生あまり容姿を褒められない。

がしかし、そんな事も忘れるぐらいワンピースを着て舞い上がっていた私は、2人に見せに行ってしまった。

私を見た瞬間、1階にいる男性陣が、一瞬止まっていた。
「ええ?!いいじゃん!似合うよ 」
「展示して飾ってあったのより、実際着た方が何十倍もいいよ」

YAMさんなんか、動揺していたが、目がキラッと光って
「かよちゃん、若くみえるよ」
って言っていた。
若くみえるなんて、人生で初めて言われた。

ワンピースを着ただけで、こんなに自分のテンションが上がるとは知らなかった!
おそるべし、ワンピース!
自分の中のワンピースレボリューション!
この時の体験は一生忘れないと思う。


いよいよこの展示会も、12/25で終了だ。
明日からクリスマスの3連休、姉妹揃って、皆様のお越しをお待ちしております016.gif

e0230987_23161924.jpg


そして私はmaison de fanfareのワンピースを着て、モテモテレボリューション2017を密かに企んでいる。





kayoko nakamura
[PR]
by maisondefanfare | 2016-12-22 23:18 | 展示 | Comments(0)
<< 2017S/S 「Sister... 空白の時間と濃密な時間と私 >>