maison de fanfare


写真家の姉と服飾雑貨制作の妹によるユニット  kayokonakamura.com maisondefanfare@gmail.com
by maisondefanfare
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

maison de fanfareの店舗がオープンしました!!

明けましておめでとうございます

幸多き春を迎えられましたこととお慶び申し上げます
旧年中に賜りました格別のご厚情を深く感謝いたします

この度 私たち姉妹は2017年1月6日より
maison de fanfareのアトリエ兼ショップを東京都 駒場という場所にて開店することとなりました

私たちは、2011年2月11日に、八戸市の八戸ポータルミュージアムhacchiのものづくりスタジオにて
2人の小さなお店からスタートました。

2013年には、私 佳代子は結婚のため東京に行く事になり、
妹 泰栄は技術向上のために夜間の服飾の専門学校に入りました。
その間、個々の仕事は続けていたものの、やはり姉妹一緒に頑張って行きたいという想いが強まりまして
2015年には、展示会形式の発表を始め「あたらしい日々」という展示会を八戸と東京で開催したしました。

2016年は、展示会の内容をより深めてアクセサリー作家のLulalaさんとのコラボレーションという形で
「Sisters」という2017spring/summerのコレクション形式の展示会を八戸と東京で開催いたしました。

hacchiのものづくりスタジオで活動をしていた事が、人生で一番楽しかった。
辛い事も悲しい事もありましたがどんなことも自分の人生を生きているんだという実感が多かったです。

今一度、姉妹で活動をしていきたいと願い、ご縁がございまして
とても素敵な居場所を見つけることができました。
木の温もりであふれた温かい空間は、静かに私たちを待っていたようにも感じます。

そう思う一方で、hacchiで始めたこの活動を、様々な選択の中で八戸で続けられなかった事を後悔もしております。
八戸市でお店を開く事ができたら、どうなっていたんだろう。と未だに、絵空事のように思い浮かべることも多く
胸が辛くなることも多いのです。

だけれども、とても自然の流れで今があります。
駒場と言う場所は、とても素敵な街でして、都心の真ん中にあるのですが
街の人たちがとても穏やかで、優しくて、東京という慌ただしさからはかけ離れているような、優しい場所です。
こんなチャンスが巡ってきたのだから、人生は1度きりだし、このチャンスにかけてみようと思っています。

しかも、以前のものづくりスタジオのように、私たちの制作現場も実際に観る事ができます。
どのように洋服や写真を制作しているのか、観る事もお客様にとっては楽しいのではないかと思います。

どんな職業も状況も、環境もしっかりと向き合うと大変な事の繰り返しで、へきへきすることも多いです。
けれでも、自分たちを信じて、出来る限り挑戦していきたいと思います。

まだまだ未熟ではございますが誠心誠意努力してまいりますので
皆様にはご指導ご支援を賜りますよう 何卒宜しくお願いいたします。


maison de fanfare (メゾン ド ファンファーレ)
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-8-2 Fメゾン1階
営業日   金土日祝
営業時間 11時〜19時

最寄りの駅は、こちら
小田急線 東北沢駅より徒歩3分
京王井の頭線 池ノ上駅より徒歩8分
東京メトロ千代田線・小田急線 代々木上原駅より徒歩10分

※平日は制作や撮影の為、ショップは閉じています


e0230987_06856.jpg



e0230987_016303.jpg


お近くまでいらっしゃいましたら ぜひ遊びにいらしてくださいね016.gif

masion de fanfare
中村佳代子 泰栄
[PR]
by maisondefanfare | 2017-01-06 23:32 | 日々のこと | Comments(0)
<< 食事の余韻 saule branche s... >>