maison de fanfare


写真家の姉と服飾雑貨制作の妹によるユニット         https://maisondefanfare.tumblr.com  maisondefanfare@gmail.com
by maisondefanfare
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

春のスイートピー

東京の心の灯台は、間違いなく東京タワーじゃないのかな。
あの存在は、たくさんの人の心を温めて、癒して、背中を押しているだろうと思う。

東京には、日々たくさんの真新しい建物がたくさん建ってきているけれども
人の心を落ち着ける存在は、東京タワーの光や、新宿御苑の広い空と芝生、
中目黒の目黒川の桜だったり、色々あるが昔から変わらずあるものではなかろうか。

maison de fanfareのお店がある駒場という場所は、落ち着いている町並みで
センスが良い風景が広がっていて、とても落ち着く。
こんな街に来れてとても幸せに思う。

私が仕事としている写真も常に変化し続ける存在であって、自分自身も変化していかなければ
ついていけない。
変化しながら、自分のエッセンスを入れた写真を仕事にすることは、並大抵のことではない。

今一度、今までの自分の写真をまとめ直してみようと見返しプリントしている。

そんな中で、どうも自分自身の信念が、もやっとしている日々が続いたので
久しぶりに都写美の図書館に行ってきた。

Joel MeyerowitzのCAPE LIGHTという写真集をもう一回見たくなった。

この写真集はとても印象に残っていて、専門学校生の担任の先生が「お前の写真はJoel Meyerowitzに似ているから見てみろ」と言われて、初めて知って初めて見て、心を攫われた。

そこから、12年ぐらい経って久しぶりに手に取ってみた。

そこには変わらない空気と時間があった。
私にとっては、とても気持ちのよい写真で、美しく、この写真集を1冊みたら胸がいっぱいになって
ごはんいりません。って感じになった。

やはりこれだな。と。魂の底から再確認した。

そのあと、柴田敏雄先生の木村伊兵衛賞を受賞するきっかけとなった写真集「日本典型」を見た。
まだ洗練しきっていないけれども、本当に素晴らしく、かっこよく、優美で、ここ写真集を世に出してくれて、ありがとう!っていう感謝の気持ちになった。
先生にも若い頃があったんだなあ。っと当たり前の事を思ってた。

帰り道で思った事は、
流行に流されることなく、今まで自分が経験してきたことを信じて生かして行きたいと改めて感じた。

私が今まで出会ってきた方々は、友人先輩、先生、会社、師匠ととびきり素晴らしい人ばかりだ。
そんな中だからこそ、まわりと比べて自分を見失う時がある。

自分を信じて、今年は出来る限りの事をやってみようと思う。

駒場でも新しいお客様が増えてきて、新しい事にドキドキも多いが、恵まれている。

私はこの場所で、広い海で見つけると嬉しい灯台のように、心が落ち着くお店にしていきたいと思う。

e0230987_18433140.jpg




kayoko nakamura
[PR]
by maisondefanfare | 2017-04-09 18:46 | 日々のこと | Comments(0)
<< 旅するねこちゃん@藪さんち編 日々はランニング 人生はウォーキング >>