maison de fanfare


写真家の姉と服飾雑貨制作の妹によるユニット  kayokonakamura.com maisondefanfare@gmail.com
by maisondefanfare
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:写真( 98 )

20人のきらきら

10,11日と「女性のための一眼レフ写真教室」無事に終了いたしました〜!!

サークルの様なイメージで(って、私自身サークルには入った事が無く、部活のイメージです、、汗)
女性だけで、和気あいあいと気軽に写真や一眼カメラを使っていただけたら。その、きっかけになったら!いいな。
という、今回の写真教室。たくさんの方に参加して頂いて、本当に嬉しかったです!

もう、自分自身としては反省点いっぱいで。
あ〜、もっと上手に話せる様にないたいな、とか
皆さん、分からないとこが多かったのではないか、とか、
たくさんの方が参加している分、教える内容のレベルを平均にしかもっていけないので(私の課題です、まだまだ至らないです)もっと詳しく聞きたい方が多かったのではないか、とか
思った内容と違ったなあ、という方もいらっしゃるかもしれないです、、。

あ〜まだまだ、至らないなあ。と思いながらも、

今回の改善点なども活かし、次へ繋げて行きたいと思っています!!


こんな私ですが、参加者の方々一人ずつが、しっかりと自己紹介をして下さったり、参加したきっかけを聞けたり、今日は、昨日撮影した写真をプロジェクターで投影して、
みんなで発表しながら、お話をそれぞれ聞く事ができて、すごく嬉しかったです。

今回はhacchiの中で撮影したのですが、どの写真も素敵でとても心がきらきらしました。


今回全員で撮影した写真を、17日の土曜日からhacchi1Fのはっちひろばで写真展をします♫

今から、どんな展示にしようかと考え中です☆




もう、当日に参加者のみなさんのお顔を見るまで、もうどっきどきでしたが

本当にみなさん素敵な方々ばかりで、無事に2日を終える事ができました。
本当にありがとうございます!!!


出会いは、この漢字通りに 出て会う

自分からきっかけを作らないと、素敵な出会いはないんですね〜〜

あー、今回の写真教室が開催できて本当によかった。

みなさんと同じ時間を共有できてよかった。

よっし、来年もワークショップに力を入れるぞ〜!



この2日間で、自分の中で『あっ!!』という発見ができたら、きらきらが心に一つ増えたっていう
印ですよ。




本当にありがとうございました。


中村 佳代子
[PR]
by maisondefanfare | 2011-12-11 23:36 | 写真 | Comments(2)

師走を感じる、こたつで感じる

明日は、いよいよ女性のための一眼レフカメラ教室の日です。

最終のみんなにスライドで見せる写真をセレクトしていたりして、終わったけれど
心配で眠れません。あんなに一生懸命、内容を練ったり、ポスター撮影に行ったり、ラジオに告知で出演したり、新聞に載ったりとしていて、ついに明日が来ると思うと、寝れないし、ましてや、こたつの中で作っているもんだから、出れません。

しかも今日、リハーサルをみんなでしたのですが、久しぶりすぎて上手く説明出来なくて焦りました、、。
絞りとシャッタースピードの説明って難しいんだよ、講義でもまず眠くなる最初のポイントで、今、イメトレしたので大丈夫とは思いますが、はあって思います。

そして、テンションを上げるためにいっつも見るHPがあるのですが、それが師走について書いていたので、師走気分も一人で感じていて、なんだか、まとめの気分です。

とにかく、明日は、参加者とスタッフみなさんのためにも、価値のある時間をつ・く・ら・な・く・て・は!!!

と、結局今は寝れませんが、どう考えてもベットに入ったらすぐ寝れます。


が、明日と明後日は、参加者の人たちは寝かせないぞ♡♡
e0230987_13797.jpg


この写真は、年賀状にしたいぐらい大好きな1枚です。

中村 佳代子
[PR]
by maisondefanfare | 2011-12-10 01:41 | 写真 | Comments(0)

はっち市レポーート!!2

さあ、先日ありましたのはっち市。レポートをちょっと時間が経ってしまいましたが(汗)すいません。
が、素敵な魅力をお伝えしようと思います。

LIVE&TALKスペースでは、本当に出展者もみなさん観たかったのではないか?!
と思うような素敵なゲストばかりでした。

一番最初は、浜市川保育園子供神楽の登場です!!
e0230987_1681133.jpg

e0230987_16111038.jpg

e0230987_16114579.jpg

正直、登場してきただけでも とってもかわいくて、しかもその子供たちが一生懸命に
お神楽をやっている姿をみると、自然と笑顔が出てきます。
子供のころから、地元の伝統芸能に触れて生活するということは、すごいな!きっといい経験になるだろうなと思いました。



そして、お次ぎは カリンバ演奏をしてくださるSageさんです。

個人的に、小さいカリンバを1つ持っていて、今までカリンバ演奏を聴いた事がなかったので
すっごく興味がありました。Sageさんは、はっち市でも出店もしていらっしゃって2丁目の13番地にお店を構えていらっしゃいましたよ♪

カリンバを知らない方も多いかもと、公演中にカリンバについてお話もしてくださいました。
小さいお子さんが、カリンバを引いてみたいとステージへ。
お母さんと一緒にカリンバを演奏するコーナーもあり、会場が和やか〜な雰囲気に包まれました^^
e0230987_161858100.jpg


Sageさんの演奏するカリンバは和音がとても綺麗で、そのたくさんの和音で音楽を演奏していくのですが、とても神秘的で、シアター2の会場が一気に他の世界になってしまったような、心地よさでした。
e0230987_1615409.jpg


e0230987_1622045.jpg

私と同じ列に座っていた小さな赤ちゃんが、カリンバがなると手を叩いていて喜んでいて、
この心地よさはみんなが感じる、気持ち良さなんだろうなと、嬉しくなりました。

e0230987_16233296.jpg


私の周りでは、Sageさんのカリンバを買った方が多くて、ああ〜私の来年は絶対買おうと、
もう決めています(笑)
撮影で忙しくて買えなかった、、けどかわいいブローチは買いました。カメラバックにつけています♪

昨日、YAMさんや みんなと会ったのですが、Sageさんの作ったカリンバは最高だそうです!

ああ〜楽器が作れる男性って素敵〜〜!しかも演奏まで幻想的!って言わんばかりに、みんながそれぞれ思っていました。
なおこちゃんは、すぐyoutubeで観て、毎日癒される〜って言ってたし。

e0230987_16275131.jpg

e0230987_16281027.jpg



お店でも1つ1つ丁寧に説明して頂いて、とにかく素敵な方でした!




そして、スケジュールが発表されてからずっと気になっていた
三上敏視さんです。お神楽VJとして大変有名な方で、細野晴臣さんとのコラボレーションでも有名な方です。
どんな、内容なんだろうとワクワク思っていたら
日本のお神楽について、様々な場所へ行き映像を撮っていらっしゃってその映像とともに
三上さんの唄を聞くのです。
e0230987_17512694.jpg

最初に唄を披露していただき、その後にドキュメントした映像を見ながら、三上さんの解説を聞くかたちでインスタレーションは進んで行きますが、三上さんのお話がとても深く面白いんです。
また、映像は各地域のお神楽や巫女舞いなどの映像なのですが、日本の新たな一面を知ったような
とても興味をそそるものでした。
e0230987_17521279.jpg

e0230987_17525536.jpg

八戸市も神楽でとても有名だそうです。私にとっては、あまりにも日常生活にえんぶりや三社大祭の神楽があったりするので、知らなかったです。日常にとけ込みすぎてて、気づかないというか。


この日の三上さんのliveをみて、私は本当に日本という国が興味深く、そして各地の郷土芸能の素晴らしさを実感しました。
それぞれの土地で守る神様を大切にする気持ちや伝統を守るということ。
あまりにも、忘れていて、見直さなければならないと感じました。
小さな村でも、村のお祭りをみんなで大切にしていたり、神様を大切にしていて。

とても必要な事を教わりました。


どんだけ忙しく総理よりも忙しくふるまうよりも、お盆やお正月だけは大切にして行きたいです。

よって、mdfは正月休みとお盆休みを来年からは、とろうと思います。




kayoko nakamura
[PR]
by maisondefanfare | 2011-12-08 17:53 | 写真 | Comments(0)

写真教室、定員いっぱいになりました!

こんにちは、なんだか全然最近はマメに、更新出来なくてすいません。

先日告知しました、今週末にある『女性のための一眼レフデジタルカメラ教室』が12/2で募集人数がいっぱいとなりました。
本当に、ありがとうございます!!
いっぱいになった後も、たくさんのお問い合わせや参加したいという方がいらしゃいましたが、今回は定員で募集を終了してしまった事を、この場をかりてお詫びいたします。
ごめんなさい。。

本当は、受講したいすべての方が参加出来る事がベストです。次回からは、もっと改善してもう1つ次の段階へ行ける様に、していきたいと思います。


今からとても楽しみでどのような中身にしようかと楽しんでおります。
女性20名で、写真教室が八戸市でできるなんて本当に夢のようです。

とても、楽しく忘れられない内容にしたいと考えておりますので
どうぞよろしくお願いします!!


e0230987_1558541.jpg



中村 佳代子
[PR]
by maisondefanfare | 2011-12-08 15:59 | 写真 | Comments(0)

楽しい時間

楽しい時間というのは、すぐに過ぎてしまい あっという間に暗くなってしまう。
今の秋から冬の季節の様です。
e0230987_17424857.jpg


冬になると、無性にN.Y.に行きたくなってしまう。

夜中の帰り道のラジオでjazzが流れていると嬉しくなり Bill Evansだと もっと嬉しくなる。
e0230987_17444318.jpg




お友達に悲しい出来事があり、気分が滅入る
e0230987_17464172.jpg


一緒に行った 車の途中で見た 紅葉は唯一の今年の紅葉で
気がつけば、もう散ってしまうのです。

この季節と自分のタイミングが合わない事が気になる。

e0230987_17485480.jpg



悲しい事が多いが、時間や空間のちょっとした事に救われ
e0230987_17512853.jpg


24時間の ほんの一瞬のたまにある、他者の素晴らしい映像や写真を見るたびに悔しくなる。



というセンチメンタルな秋の気持ちも感じながらの

hacchiのTOPページに先日書いた、写真教室のトピックスができています!

ぜひとも、ご覧下さい。

そして、yasue画伯の絵も一応ご覧下さいませませ。

http://hacchi.jp/ha/programs2/digihacchi/index.html




e0230987_17552511.jpg


中村 佳代子
[PR]
by maisondefanfare | 2011-11-20 17:57 | 写真 | Comments(0)

八戸という場所 地元での独立について

いや〜、先週金曜日からのひどい風邪により本当に にっちもさっちも
行かなくて、みなさまにご迷惑をかけていたりして、ごめんなさい。
e0230987_0242515.jpg

よく考えれば、いっつもは結構いい感じで文章の神様が降りて来るので、気に入った文が書けるのですが、なんか調子悪いって思ってたんだよね〜。

配分よく仕事しろって言われても、そうそう上手くできないんですよ、とほほ。

ということで、思考がものすごくクリアなのでまじめな話をしようと思っています。

e0230987_0244872.jpg

今回、12月10,11日の2日間を使って写真教室をやります。
何回か、maison de fanfareではワークショップはやってきていますが、今回、お話を頂きまして
大きく写真教室を開く事に決まりました。

もちろん、たくさんの方の協力がありその中で、開くので失敗など許されません。
基本的に、失敗したら明日はない。と思って仕事しています。
というのも、私みたいにフリーでやっているカメラマンというのは、
吸って吐くほどいて
しかも、女でまだまだ経験も浅いので そんなに仕事っていうのは、頂けないものだと思っております。
しかし、本当に皆さんに良くして頂いて今があります。


しかも、今は私一人でやっているので本当に、すべてが自分次第で
逆を言えば、全部自分で責任を取れるので、思いっきりできる。
そこが、最高に自分のスタンスに合っていて、すごくやりがいがあります。


しかしながら、写真教室で先生になるのは、本当にドキドキして、ドギマギしてしまいます。
また、どんな事が自分に伝えられるか当日までは、自信も少なく、ああ、みんな楽しんでくれるかなあ、など、思ってしまいます。

けれども、今回の写真教室をやる意味とは?
というところでは、とてもたくさんの思いがあり

それは八戸市のような地方でも、センスが良くて、芸術が好きという方はたくさんいらっしゃいます。
けれども発揮する場所や、一緒に楽しむ仲間などが上手く見つけられなかったりしちゃうなあと、思っています。

もちろん、いろいろな写真講座は他でもやっていますが、私の今回企画する
この教室は、女性だけというところがポイントです。
目的が一緒だと、すぐに誰とでも仲良くなれます。
気軽にサークルの様なカタチで、参加して頂きたいです。

また、今回はオリンパスイメージングさんの協力もあり、カメラレンタルもあります。
なので、カメラを持っていない方でも参加出来ます。

e0230987_025231.jpg


この、女性だけの写真教室。
これは、5年ほど前にまだ私が東京で働いていた頃、私の尊敬する上司の菅野さんが発案した講座でした。
そのころは、まだそこまで女性が一眼レフを持つという事が始まったばかりの時期で、
業界でもありませんでした。

しかし、大体の反対をクリアしてこの講座は大ヒット!!
今では、この他にも様々な企画をして、ヒットさせています。


しかし、東京ならではだな。とこっちに来て感じました。
実際、大阪などの大きな都市では開催していますが、まず青森県のような場所では、東京主催では少なく、地元がやるしかないのです。

ああ、あの企画が八戸でも出来たらなあと思っていた所へ、写真教室の依頼がきました。


一緒に、どうすれば魅的か、など考えて
今回のポスターや内容を考えています。
このポスターも家族みんなでラフを描き、相談して選んで、撮影、デザインして頂いて、
また、相談して、また上に通してなど、時間かけてます。

そしてこの中には、まだ隠し企画があって、ちょっとまだ載せれないのですが、
素敵なプレゼントを考えています。



そのくらい、時間をかけて考えています。
もちろん、受講して頂く皆様に満足して頂きたいな、とか、新しい発見をして頂きたいな、とか、仲間が出来てもらえたらなとか、のワクワクのためにできることで。

e0230987_0263085.jpg


八戸で独立する時も、もう有名な地元の写真館と一緒の事をやっても、到底
お呼びでない!!
事ぐらい分かっていて、ましてや、同じ事をやっても成功しない事は、知っていました。


では、私はどんな風に写真という仕事をこの地に根ずかせれば良いのかと考えた時に

妹と一緒にやっていて、しかも、妹は服飾雑貨を作っています。
縁あって、メープルハウスの原さんは、センスのいいインテリア商品を私の店に置かせてくれています。
そこで、よっし、インテリアの一つの写真。という、場所で仕事をしていこうと決めました。

雑貨屋の中での写真なので、女性の方がよく見て下さいますし、こどもはっちの目の前の店柄、
家族の皆様がよく見て下さいます。

気軽に、雑貨屋に入る流れで写真を見て頂いて、たぶん違う層の方のお目に留まる機会が多そうです。




大谷先生が、よく言っていました。

靴屋がアフリカに行って上司に、
「どうしましょう、だれも靴をはいていません、、。靴、誰も買いません、、。」
というか、
「なんと、靴を誰もはいていません。こりゃあ、靴!!売れますよ〜!」
と言うかは

e0230987_0255760.jpg

自分次第だってことなのよね〜〜〜〜!



kayoko nakamura
[PR]
by maisondefanfare | 2011-11-18 00:28 | 写真 | Comments(0)

写真教室をやります♪

写真教室のお知らせです016.gif016.gif016.gif

12/10(土)、11(日)2日間連続の講座です056.gif
「女性のためのデジタル一眼レフカメラ教室」 デジはっちVol.1
時間は、両日 13時〜16時まで
参加費は1000円です011.gif

1日目に、使い方講座と撮影
2日目に、講評会と写真についてのお勉強です058.gif

定員は高校生以上の女性限定20名016.gif

一眼デジタルカメラをもっているけれども、使い方がイマイチ、、。とお思いも方や
もっとステップアップしたいと思っている方など楽しめる企画にしております067.gif

また!!!

なんと今回!!
カメラをお持ちでない方でも、オリンパスのデジタル一眼レフカメラのレンタルをしております!!
ご予約の時に、カメラレンタルしたいとお伝え下さいませ058.gif

ぜひ、カメラ欲しいけどどれがいいか、分からない、。と思っている方!!
いいタイミングだと思います。レンタル無料でお待ちしていま〜す!

そして後日、hacchi館内で写真展を開催予定ですよ。

みなさんと、出会う事が出来ます事を楽しみにしていま〜す016.gif


e0230987_18214383.jpg

e0230987_18221030.jpg


お申し込み、お問い合わせは、hacchiの事務局までよろしくお願いいたします。
0178-22-8228
9時〜21時までの営業時間ですよ。
お申し込み締め切りは、12/7です。

中村 佳代子
[PR]
by maisondefanfare | 2011-11-17 18:26 | 写真 | Comments(0)

結婚式

なんだか、今回のこの撮影には本当に思いが強すぎて
いい文章が書けない。

私としては、幸せという気持ちを表現するときは、照れくさい。
それは、なんだか幸せな事を表す気持ちは、自慢しているように自分の中で
勘違いしているのではないかと思う。

けれども、実際そうじゃなくて、好きな人が幸せだと自分も嬉しくなる。
そういった、自分でのずれている感覚の中で、この結婚式は特別なものになった。


香子はすごく素直に表していて私まで幸せになった。


お友達の香子ちゃんの結婚式の写真を撮影させていただいたのだが
本当に素晴らしくて、なにが素晴らしいかと言うと
みなさんの人柄だ。それぞれ、素晴らしい。
身近な存在で、本当にこうなりたいと深く思う。

今回は、本当に親族だけでの結婚式だったのだ。
みんなが、祝福している。

幸せだった、こんなに幸せになれるのかと自分でも不思議に思ってしまうぐらいに幸せだった。

香子の花嫁姿を見た時に、こんなに口八丁の自分が何にも言えなくなった。

良いものを、観たときは言葉はいらなくて、被写体と対峙して集中できる。

私としては、物撮りの時によくある事だが、人物撮影では初めてだったかもしれないくらい
言葉は無くてよかった。




あああ、本当にこの自分の気持ちが上手くかけないので
写真を見て下さい。
e0230987_1895256.jpg
e0230987_1892821.jpg
e0230987_189167.jpg
e0230987_1883084.jpg






私は、この結婚式の日がどんな日よりも輝いて感じました。
香子ちゃんのお母さんは、
香子ちゃんの事を、かわいい、かわいいと 正直に言います。

家族には、上手く自分の感情っていうのは伝えられません。

けれども、香子のお母さんは、正直に いつも まっすぐ 伝えます。

それって、素晴らしいなあと思うのです。


その正直な言葉で、香子はもっと可愛くなるし

愛されているから、まわりの人の事も大切に、愛を与える。だから、また愛される。
そんな、香子です。


櫛引八幡宮の境内に入る前には、橋が架かっています。

そこの上で二人の写真を撮ろうとした時に、肩に赤とんぼがとまりました。

赤とんぼっていうのは、夫婦を象徴するものだそうです。




kayoko nakamura
[PR]
by maisondefanfare | 2011-11-10 18:31 | 写真 | Comments(2)

鮭!!

ちょっと初めてなぐらい、ここの文章で行き詰まったので、思い切って違う題名にしてみた。

それで次に抜擢したタイトルが、鮭です。


久しぶりに、ここに文章を載せるのでその期間、濃密な日々をすごしていたからなせる技です。

なぜかというと、最初に書こうと思った文章は、結婚式でした。

しかし何回書いても、結婚の内容に行かないで、くだらない事を書いてしまうので止めました。

先日、といっても9月に鮭の遡上を観に行きました。

小1時間ぐらい時間が空いたので、行こうという行き当たりばったりです。
しかも、若干初めて会う人ばっかりです。
初めて会う方々と、鮭の遡上を観に行こうなんてことになるとは、人生思ってもいなかったです。


それで、鮭のたくさんいる川に行ったんですよ、けれど鮭がいるのは
私たちの目の前にある、小川ではなくて その向こうに流れている
大きな川でした。

もう、鮭で頭がいっぱいな私たちは小川を越える事にしました。
といっても、1m70cmぐらいあって普通じゃ無理なので、河原にある
石を集めて足場を作ること、20分。けっこう、真剣です(笑)
みんなで、1つのものを作ると 自然と心1つになるんですよね〜。

これで、みんな仲良くなりましたもん♪


e0230987_17355354.jpg



私は、鮭の焼き魚<お刺身<スモークサーモンのマリネ<いくら丼<いくらの軍艦巻き

の順で好きです。

また、調べたところ、さけ と しゃけ の違いは、
一説にはこの魚を「サケ」、それを食品用に加工したものを「シャケ」だという見解もある一方で、江戸時代の江戸では「はひふへほ・さしすせそ」の発音が苦手だった為、訛って「シャケ」になったという説もある[要出典](サケの語源については「サケ類」を参照のこと)。

らしいです。

鮭のお話はこれで、終わります。



kayoko nakamura
[PR]
by maisondefanfare | 2011-11-10 17:43 | 写真 | Comments(0)

モモンガ

人生で初めて モモンガを近くで観て、触りました♫
小さくて気持ちいいんです。
かわいい〜!
e0230987_1842956.jpg



kayoko nakamura
[PR]
by maisondefanfare | 2011-10-17 18:42 | 写真 | Comments(0)