maison de fanfare


写真家の姉と服飾雑貨制作の妹によるユニット         kayokonakamura.com    maisondefanfare@gmail.com
by maisondefanfare
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:展示( 25 )

2017S/S 「Sisters」展示が終わりました

12月25日で、maison de fanfare 2017S/S 「Sisters」展示会が無事にすべて終了いたしました事をご報告申し上げます。

e0230987_17514572.jpg


10月8日から青森県八戸市のsaule branche shinchõ (そーるぶらんち新丁)にて始まった
今回の展示会。
約2ヶ月半の間に八戸と東京都の2カ所にて開催いたしまして、トータル約500人近くのお客様にお越しいただきました。
これもひとえに、皆様の支えがあってからこそだと感謝の気持ちでいっぱいです。
お忙しい中、たくさんの方々に足をお運びいただきましてありがとうございました。
改めて御礼申し上げます。

たくさんの新たな出会いもありましたし、たくさんの気づきや反省点などもありまして、
これも次のステップに向けてmaison de fanfareの糧に成長をしていきたいと思います。

皆様、本当にありがとうございました!!!


e0230987_1752771.jpg




maison de fanfare
中村 佳代子  泰栄
[PR]
by maisondefanfare | 2016-12-30 17:54 | 展示 | Comments(0)

ワンピース レボリューション

私が洋服に対して、着心地を重視するようになったのはいつからの事だろう。
たぶん、写真家の先生のアシスタントをしていた頃からように感じる。
撮影に入る時は、邪魔にならないように無彩色の服を着て、動きやすく機能的な素材を重視するようになった。
買う服も無彩色をメインにカットがシャープなものなどを好む様に知らないうちに、変化していった。

妹が洋服を作っていることもあり、
色々な洋服を店頭や展示会やwebなどで見たりするが、自分の好みのもの意外は特に興味が湧かないものだったりする。

今回の「Sisters」での展示会の服は、ワンピースのものが多い。
私自身、ワンピースを着るのは、相当気合いの入ったパーティーとか結婚式などでしかなく、
私にとっては日常用の服ではあまりない。
汚れたりしたら困るし、大切に着たいと思うからこそ日常からワンピースは遠のいているのであった。

実際、生地を良さを教えてもらって物の良さを知ってはいるし、丁寧な手順を踏んで出来上がっていることは知っている。
ただ、ワンピースは実際に自分では着た事がなかった。

e0230987_23164931.jpg


そーるぶらんち新丁での八戸での展示の最終日、いよいよ展示も今日で終わりかあ。っとセンチメンタルになっていた矢先、
母親が訪ねてきて、ネイビーのワンピースが欲しいから試着してみたい。と言っていた。
私も、ネイビーのワンピースはとても可愛いと思っていたし、デザインも素敵なの服だなあと思っていたので
試着に興味津々だった。
着替えて出てきた母親に私は、度肝を抜かれた。。。。

とても若く、可憐に、細く、美しく見える。

びっくり仰天、ワンピースがとても似合っていた母親を私は大絶賛していたのだった。

ええ?!?!自分も着てみようかなあ♪

e0230987_23172198.jpg


足など太いので気まずいが、まあ身内しかおらんし、着てみようとネイビーのワンピースを着てみた。


びっくりするぐらい、鏡に映る自分が綺麗に感じた。
可憐なお嬢様って感じで、とても感じがいい。
ワンピースを着るだけで、自分をこんなに良くみせれるもんかい?!っと感動さえしてしまった。
まさしくマジックワンピース!!
普段、ワンピースを着ない私は、軽いコスプレのようにも感じたが
自分がよく見えるだけで、大分気持ちが良いものだ!!

気分が良くなった自分は、下の階に居るタクさんやYAMさんに、自分の姿を見せに行ってみた。

言わずもがな、タクさんとYAMさんは、とてもおしゃれだ!!!
正直、自分が知っている男性陣の中でもTOP1,2を飾るぐらいのファッショニスタだと思っている。
もちろん、今まで自分の容姿を2人に褒めてもらった事などない。
というか、自分の人生あまり容姿を褒められない。

がしかし、そんな事も忘れるぐらいワンピースを着て舞い上がっていた私は、2人に見せに行ってしまった。

私を見た瞬間、1階にいる男性陣が、一瞬止まっていた。
「ええ?!いいじゃん!似合うよ 」
「展示して飾ってあったのより、実際着た方が何十倍もいいよ」

YAMさんなんか、動揺していたが、目がキラッと光って
「かよちゃん、若くみえるよ」
って言っていた。
若くみえるなんて、人生で初めて言われた。

ワンピースを着ただけで、こんなに自分のテンションが上がるとは知らなかった!
おそるべし、ワンピース!
自分の中のワンピースレボリューション!
この時の体験は一生忘れないと思う。


いよいよこの展示会も、12/25で終了だ。
明日からクリスマスの3連休、姉妹揃って、皆様のお越しをお待ちしております016.gif

e0230987_23161924.jpg


そして私はmaison de fanfareのワンピースを着て、モテモテレボリューション2017を密かに企んでいる。





kayoko nakamura
[PR]
by maisondefanfare | 2016-12-22 23:18 | 展示 | Comments(0)

空白の時間と濃密な時間と私

先日、不覚にも高熱を出してしまった。
色々様々やらなければならない事があるのに、も〜〜〜!!
っと言って牛になりつつも、熱により身体が全然動かずに意識は朦朧としていてベットの中に私はいた。

疲労ではないのだが、10月のあまりにも八戸が寒く、長袖を3枚ぐらいしか持っていなかったので
風邪を引いたらしい。
節々が痛くて1人では歩けもしなかったため、家族に身体を支えてもらって、ようやく歩くような日が2日ぐらい続いた。
病院に行って処方薬を出してもらい、どうにか1日でうどんを1玉食べれるぐらいに進んだ。

けれども外出なんて全然出来なくて、ベットから半径3歩程度で出来る事を見つけ出し、
この間に私が勉強し研究したのは長谷川町子先生とさくらももこ先生の事だ。
過酷な時代をどのように女性として生き抜いてきたかを、
自伝を読んで勉強して過ごしていた。

この時期の風邪は本当にきつく、東京に帰ってきてからもまた寝込んでしまい、11月下頃にようやく治ったみたいなもんだった。
その期間の中にいつもいつもベットの中で、こんな事が書きたい。こんなテーマで書きたい。など
泉のようにもりもりと文章を書きたい欲にかられていたのだが、11月からは東京の展示準備で忙殺されて今日に至ってしまった。

時間はあっという間に、過ぎてしまう。
どういう事だろう、、。大切に過ごしている様に思っていても、無駄な時間が多い様に強く感じる。

私はよく、誕生日を迎えた人にインタビューするようにしている。

60歳の誕生日を迎えた本人にインタビューすると、60歳はもっと大人でもっと素晴らしいかと思っていたら
そうでもなくて、自分の根本はあんまり変わってないんじゃないか?!っと思います。

みたいな事を聞く。

これはたぶん誰にも当てはまり、常に想像の自分と現実の自分に時差が生まれギャップに、少し残念な気持ちに
なってしまったりする。

では、自分の1日の過ごし方をデータ化させて無駄な時間を洗って効率化し、英会話でも勉強したら
4年後のオリンピック時には家族ぐらいには胸を張って、海外のお客様をおもてなしさえ出来そうな気もする。


ここで、ふと自分を振り返ってみる。
無駄にこそ、自分自身が感じる美徳があるのではないかと。
いいのだ。
あまり無理せず、自分は自分でいいのだ。
無理すると病気になったり、イライラしたりするしで、いいことない。


長谷川町子先生もさくらももこ先生も、まわりと比べず、目の前の事をきちんと積み重ねたから、今があるのだろう。

10月の八戸の展示会から様々な楽しい愉快な人生楽しいなあとしみじみ感じる事がたくさんあった。
こちらは、また改めていろいろ書いていこうと思う。

e0230987_17314972.jpg





maison de fanfare
中村佳代子
[PR]
by maisondefanfare | 2016-12-13 17:36 | 展示 | Comments(0)

saule branche shinchõまでの道順

いよいよ青森県八戸市のsaule branche shinchõ(そーるぶらんち新丁)にて展示会がスタートいたします016.gif

そこで、saule branche shinchõまでの道順を今一度ご案内したいと思います029.gif060.gif

今回は、中心街をスタートして一番簡単に行ける道順をご案内いたしま〜す037.gif
道が詳しい方は、独自のルートで良いと思いますが、初めて行く場所だなあ〜008.gif
っという方の多いと思いますので参考になさってくださいね058.gif

まず、八戸市中心街のVIANOVA(ヴィアノヴァ)を、さくら野方面に出発いたします〜
e0230987_1174390.jpg


はっちを通り過ぎて、さくら野を通り越しまっすぐ行きます
e0230987_1185093.jpg


さらにまっすぐ進みます
e0230987_1194099.jpg


45号線と交わる道もまっすぐと進みます
e0230987_1202563.jpg


途中で、JR 小中野駅へ向かう高架下が右手に見えます
まだまだ、まっすぐ 
ここまでで中心街から、だいたい約10分ぐらいでしょうか
e0230987_121265.jpg


ケアプラザさざなみ様の看板が見えてきました
そうすると、そろそろ私がいつも目安にしている大石タクシー様の看板が右手に見えてきます
そろそろ近くなってきた証拠です〜056.gif
e0230987_1234994.jpg


すぐに、今度は みちのく銀行様の看板が左手に見えてきたらポイントです
e0230987_1245840.jpg


右手に、いわぶち響堂様がありますので、そちらを右に曲がります
e0230987_1263212.jpg


こんな感じ
e0230987_1284144.jpg



角を曲がるとすぐにsaule branche shinchõが見えてきます
e0230987_1291040.jpg



中心街から、ゆっくり来ていただいて、車で約20分程度でしょうか023.gif

また、中心街から市営バスで行く事ができますので、そちらもご活用くださいませ045.gif
『新丁』バス停で降りて、徒歩すぐです。


道順の参考にしていただければと思います061.gif043.gif

どうぞ安全運転で、お気をつけてお越し下さいませ〜〜056.gif056.gif056.gif


masion de fanfare
[PR]
by maisondefanfare | 2016-10-08 01:36 | 展示 | Comments(0)

ワークショップの裏側

八戸の展示で、久しぶりに2人ワークショップをやることにした012.gif

展示をするだけでも、結構な盛りだくさんな内容を決めなければならないのだが、
今回はワークショップも久しぶりにやってみようと、えいやっと決めてみた。

そもそも展示をやることも、なんとも緊張と不安でいっぱいで大体寝付きが悪くなる日が多い。
全然お客様がいらっしゃらなかったら、どうしよう008.gif、とかの心配が増幅して
ずっとドキドキするので、なんだか身体にも悪いようにも感じる。

この仕事をしていて、いつも不安な私を振るい立たせてくれる言葉がある。
それは盛岡の撮影の時に出会った、クライアントのKさんと矯正歯科の医院長N先生の言葉だ。

3年前ぐらいのその時期、Kさんからたくさんお仕事をいただいていて、色々な場所に撮影で訪れた。
そのKさんは、とても敏腕の方で、いつもたくさんのお仕事をこなしていた。
福の神の小槌を振れば小判が出て来るかのように、
いつも様々なクライアントさんからお仕事をお願いされていて、
仕事自体がKさんの後を追って来るように、列をなしているようにさえ感じていた。

間違いなく、Kさんの人柄がなすもので、しかもさりげない営業もとても上手いので
仕事が仕事を呼んできているように感じていた。

そして医院長N先生も、素晴らしい方で、初めてお会いした時からこの先生すごいなと
直感的に感じたし、凄く優しい。院内のみんなに尊敬されていて人望も厚い。
また、その先生が選ばれていると思われる、院内で働かれている皆様がとても気品があり優しい。

そんな素晴らしい先生を撮影するという事で、緊張をしながらも無事撮影は終わり
休憩室みたいな場所でお茶をいただいた時だった。

先生「最近、Kさん忙しいんじゃない?中村さんも忙しいんじゃない?」
Kさん「そうですね、常に忙しくてどうしましょう(笑)」
自分「Kさんに比べたらまだまだですけど、有り難い事に忙しいです」

先生「自分の身体を大切にしなさいよ、人は簡単に死ぬからね」

さっきまで、優しかった先生の眼がその瞬間だけマジだった。
お医者様から、そのような事を言われ、良い意味でも悪い意味でも軽いショックを受けた。

一瞬の緊張からも、その後は楽しくお茶を飲んで、Kさんの車に乗り盛岡駅まで送ってもらった。
車の中で、先生にはとても辛い過去があることを教えてもらった。
私は、あんなに先生が深い優しさで溢れているのは、ご自身の色々な事を乗り越えてきたからなんだな。
などの、様々なことをずっと考えていた。


その言葉を聞いてから、自分に拍車がかかった。
今回の展示のことも、万が一お客様が誰も来なかったとしても
自分たちの今を全力で出そうと思うし、次にいつ出来るか分からないし
今回の展示内容が自分たちの評価にも繋がる。

そして、お教えする事はあまり得意ではないけれども、来て下さった方が楽しんでもらえるように
ワークショップもやろうということになった。

私も妹も、ワークショップの前日は吐きそうになるぐらい緊張するし、
始まってからも、ぞっとする緊張がずっと続く。
しかしみんなに見せる顔は、プロ意識とともに涼しい感じだ。
たぶん。。自分じゃ見れないのでわからないが。

有り難いことに、今回もたくさんの方々からご応募をいただいている012.gif
すでに、もう少しで満席の回もある。
ありがたい〜!と思いながら、ご応募いただいた皆様に返信をしている。


そんなこんなで、ワークショップの裏側は、覚悟でいっぱいだ。


e0230987_115575.jpg







中村 佳代子
[PR]
by maisondefanfare | 2016-09-22 11:59 | 展示 | Comments(0)

ワークショップをやります〜

maison de fanfare2016 展示会 『Sisters』@saule branche shinchõ (そーるぶらんち新丁)にて
ワークショップを行います012.gif

058.gif泰栄のワークショップ060.gif

『世界に1枚だけのオリジナルTシャツを作ろう!』

白いTシャツに、自分で好きな形にカットしたシートを使って
スプレーで染めてオリジナルのTシャツを作ります。
自分のTシャツを作ったり、誰かのプレゼントとして作ることも良いですね016.gif
子供から大人まで参加できます。
お子様だけの場合は、保護者の方、同伴でお願い致します043.gif

昼の部:10/16(日)、22(土)  15時〜17時まで
夜の部:10/14(金)  18時〜20時まで

参加費:3000円(1ドリンク付き)
定員:5名様

006.gif佳代子のワークショップ012.gif

2つテーマをもうけました!

『記念写真を撮ろう!!』

オリジナルのプロップス(撮影小物)を作って記念写真を撮りましょう!!
ご夫婦、カップル、親子など様々なグループでご参加いただけます060.gif
お作りいただいたプロップスは各自お持ち帰りいただけます。
ご自身のカメラを持ってのご参加となります。
(お持ちいただくカメラはコンパクトカメラでもOKです)
こちらは、私がやっているlittle parade!というユニットで行います。
写真家 中村佳代子と撮影スタイリスト佐々木佳子によるユニット名です。
八戸市を中心に撮影イベントを企画しております⑅︎◡̈︎*

日時:10/15(土)  15時〜17時
参加費:4000円(2ドリンク付き)
定員:5組(1組2人以上の参加でお願い致します)


『初心者向け デジタル一眼レフカメラ使い方教室』

デジタル一眼レフカメラを買ったけれども、上手に使いこなせないなあと
思っている方に向ける写真教室です。
初心者向けの無内容になりますので、カメラの基本からお伝えします。
ご自身のデジタル一眼レフカメラを持ってのご参加にとなります。

昼の部:10/10(月曜 祝)  15時〜17時まで
夜の部:10/21(金)  18時〜20時まで

参加費:3000円(1ドリンク付き)
定員:5名様

e0230987_1435830.jpg





055.gifお申し込みはこちらまで055.gif

maisondefanfare@gmail.com

メールの件名にイベント名、本文に氏名、電話番号、人数、年齢を明記の上、お申し込みください。
こちらからの返信をもって予約完了となります。

※Tシャツのワークショップを受ける方は、希望するTシャツサイズを記入ください。(例:110cm、Mサイズなど)



久しぶりのワークショップですので、ぜひとも皆様お誘い合わせの上、
ご参加の方お待ちしております〜010.gif



中村佳代子  泰栄
[PR]
by maisondefanfare | 2016-09-16 14:39 | 展示 | Comments(0)

いよいよ東京での展示が始まります!!

10月に入りとてもここちのいい日差しが降り注いできますね005.gif
空いた時間を見つけては、読書に勤しんでおります058.gif

いよいよ今週末から、maison de fanfareの展示会「あたらしい日々」in Tokyoが
10月24日 土曜日の午後1時から始まります012.gif

e0230987_2319316.jpg

e0230987_23191713.jpg



今一度、お日にちのご報告を致します
下記の日にちの通りです

10/24(土)25(日)30(金)31(土)
11/1(日)3(火)6(金)7(土)8(日)
週末に開廊してますよー

時間は、13~21時までです

遅くまでオープンしていますので、お気軽にお越しくださいねっ029.gif


基本的に2人体制で居ますが、姉がどうしても在廊できない日があります。
10月31日,11月1日(17時まで)が以前から撮影が入っていておりません025.gif
この日だけご了承願います。
妹はおります010.gif


皆様にお会い出来る事を、楽しみにしております。
どうぞ宜しくお願いいたします〜〜001.gif
[PR]
by maisondefanfare | 2015-10-22 23:20 | 展示 | Comments(0)

「あたらしい日々」東京展示   道案内その2

いよいよ、今週末から東京での展示が始まります。

そこで、ギャラリーまでの道案内をこちらでご紹介致します

続いては、小田急線 東北沢駅を使った場合の道案内です

私の慣れた足で歩いて2分ぐらいです。
普通に歩いても3分ぐらいと、各交通機関の中では一番近いのでオススメです016.gif
フライヤーには代々木上原駅からも載せてはいますが、アップダウンがかなりあるということで
あまりおすすめはしていません042.gif

東口の方へ行きます。
e0230987_22335139.jpg

しかし、実際はこちらも改札は1つしかありません。
e0230987_2234271.jpg



この駅自体が工事中のようで、臨時の道をずんずんと歩いて行きます。
e0230987_22341117.jpg



街道へ出ると、ちょっと広めの道が目の前に広がるのでそこを右へ行きます。
e0230987_22342132.jpg




少しするとローソンがあり、三角橋交差点にぶつかります。
e0230987_22343074.jpg



そこを、向こう側へ渡って、左へ。

すると、「一貫」という名前のお寿司屋さんの黄色い看板があります。
そこの隣がギャラリーになります。

なんと簡単012.gif


もし分からなかった場合は、電話かメールなどでそれぞれにご連絡を下さいね〜030.gif





どうぞ宜しくお願い致します016.gif






maison de fanfare より
[PR]
by maisondefanfare | 2015-10-22 22:40 | 展示 | Comments(0)

「あたらしい日々」東京展示   道案内その1

いよいよ、今週末から東京での展示が始まります。

そこで、ギャラリーまでの道案内をこちらでご紹介致します016.gif

まずは、京王井の頭線 池ノ上駅を使った場合の道案内です058.gif
e0230987_22242127.jpg

私の慣れた足だと7分ぐらいの道のりです。
初めての場合でも10分はかからないと思います。

改札口は1つしかないので、抜けたら右側へ行き駅の階段を下りて外へ出ます。

駅を出ると左右に商店街が広がっているので、右へ歩いて行きます。
e0230987_22243797.jpg


少し歩くとセブンイレブンがある十字路があるので、そこを右に行きます。
e0230987_22245289.jpg


少し行くと、コインパーキングがある十字路があるのでそれを左に行って、ひたすらまっすぐ歩いて行きます。
e0230987_2225478.jpg

e0230987_22252012.jpg


すると松蔭中学校と松蔭高等学校があり、ここを通るともうすぐです。
e0230987_22254519.jpg

e0230987_2226613.jpg



学校を過ぎると、三角橋という交差点があるので、そこを右です029.gif
ちなみに、三角橋という名前の橋はないですよ〜
e0230987_22264492.jpg

右に曲がると、「一貫」という名前のお寿司屋さんの黄色い看板があります。
そこの隣がギャラリーになります。
e0230987_22265762.jpg

ギャラリーの目の前には、渋谷駅からのバス停があります。
e0230987_22271271.jpg


ギャラリーは地下にギャラリースペースがあり、1階はカウンターがあるカフェの様な趣ですよ063.gif

出来るだけドアは開けておく予定ですが、閉じてある時もあるかとも思います。
その場合も、ドアを開けるとチャイムがなりますので、すぐに顔を出しに行きますね043.gif





maison de fanfareより
[PR]
by maisondefanfare | 2015-10-22 22:28 | 展示 | Comments(0)

一日の終わりに

八戸市での展示が無事に終了いたしました。


大変多くのお客様にお越しいただきまして、本当にありがとうございました。


感謝の気持ちでいっぱいです。


この程度の広くないギャラリー展示だとしても、とても多くの時間と労力を費やし
手間という手間をとりあえず全部かけて、お客様に楽しんでもらえる空間にしたいと思い制作をしました。



終わってみれば、とても微力で 実はたいしたことないなあと思い
なんだか、次の日になれば、今回の展示の反省点ばかりが浮かび
次はこうしたい、今度はこうしたい、次回はこうしようと
次回の具体案なんて全く無いのに
温泉に1人で入ったり、愛犬の散歩をしたりして  考えてしまうのでした。



ただ、愛犬の散歩をしながら  とても大きな幸福に包まれたので
先に歩いていた愛犬を呼び止めて、川原で愛犬を抱きしめました。



やって良かったなと心から思っています。




e0230987_22421785.jpg

会場展示を手伝ってくれた大切なひとたちと、最後に会場にて  



中村 佳代子
[PR]
by maisondefanfare | 2015-10-05 22:47 | 展示 | Comments(0)