maison de fanfare


写真家の姉と服飾雑貨制作の妹によるユニット         https://maisondefanfare.tumblr.com  maisondefanfare@gmail.com
by maisondefanfare
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ミトン

青森犬
e0230987_21554118.jpg


青森犬
e0230987_2157377.jpg


はい、妹の下手な写真から今日はいきます!

最近の仕事、と言っても1ヶ月前ですが。。。
e0230987_21595885.jpg

デコトラのお手伝いをさせてもらいました。
この日は、文化施設にデコレーショントラックが入り、また裏には5台ものデコトラが展示され、トラック野郎さんたちが大集結するという熱い夜でした。
e0230987_224244.jpg

e0230987_224041.jpg

ギアはお花。かわいい。
e0230987_225723.jpg


私はトラックの名前の刺繍をさせて頂きました。
e0230987_226946.jpg

あと、写真は無いけど金の刺繍糸で「八戸」という刺繍もさせてもらいました。

デコトラ。
e0230987_22267100.jpg


ほとんど毎日夜遅くまで仕事をしていたら、帰り道にこんなものを
発見!
パパ、お月様とって!を思い出すね。(知ってる方いらっしゃる?)
e0230987_2291252.jpg


デコトラを作ったスーさんとはっちの渡邉さん。これはポーズの取り方を教わっているところ。
こういう、ギャグでしょ?というようなお着物がたくさんありました。
e0230987_22112883.jpg



話は変わって、これはCafe×Cafeのオーナーの秋乃さんがチョロを撫でているところ。
e0230987_22151087.jpg

Cafe×Cafeは、心の拠り所と言ってもいいくらいホッとする場所です。
というか、秋乃さんに会いにいきたくなるんですよ。定期的に。
もちろん飲み物も食べ物もとても美味しいです!エスプレッソロールケーキは特に大好き!!
みなさん、世知辛い世の中で呼吸がしにくくなったら、Cafe×Cafeに行って
美味しい食べ物と素敵なオーナーに癒されて下さい。
きっとまた頑張ろうって思えるようになりまっせ〜。
場所はCino裏のハナミズキ通りにあります。


それと、冬の新作のアクセサリーも店頭に並べました!
今回のテーマは「amulet」です。
お守りという意味で、自分を守る、大切な人を守るものにしたいと考えて制作しました。
e0230987_22444099.jpg

e0230987_224457100.jpg

この写真じゃ商品の良さが伝わりませんね。。。あとで姉に撮ってもらい再度載せます!

アクセサリーに限らず服や鞄などの展開もしていきますのでぜひお時間ありましたら遊びにいらして下さいませ。

それと、さっき更新したものスタcafeの様子です。
e0230987_22471122.jpg

私は新聞バッグを購入しました。すごく使い心地が良いです。
紙って強いな〜。

金曜日の夜、スナック良子で一杯飲んでからまた
仕事に戻りました。
e0230987_22495917.jpg


そしてまた仕事の話ですが
はっち市のパーテーション(しきり)の制作をしています!
e0230987_22514573.jpg

はっち市についてはまた後ほど詳しく書きます。

これはブログじゃないですねー!話があちゃこちゃしているしずぼら感が丸出しです!
このパーティーにでも行って叱られてこようかな。。。
e0230987_22534526.jpg


それでは、また。

ナカムラヤスエ
[PR]
by maisondefanfare | 2011-10-30 22:36 | お店でのこと | Comments(0)

おまつりみたいだ。

これは、私が初めて原宿に行った時に思った感想です。

4階にあるものづくりスタジオが、
昨日と今日はhacchiの前にお店を出店しました。

月1回開かれているホコテン!に
食いしん坊にはたまらない「コナモン(粉もの)フェスティバル」が参加して
それと同時に高校総合文化祭もあり、
市役所前では菊まつりもあり、
国際ハロウィンのイベントもあったので

中心街はとても多くの人で賑わいました。
そのホコテン!に今回は出店させてもらえたのです。

ものスタcafeと称して
つづれやの山田さんは
ホットチョコレイトとスパイスティを
codecakeの松橋さんは
甘酒を出していました〜*

普段4階に出している商品も販売しましたよ!

とにかく、今日の中心街は竹下通り並に人がいた。
感想がオノボリさんですね。

なかなかブログを更新出来てなくて、今回も宣伝せず結果報告になってしまってごめんなさい。。


では、また。

中村泰栄
[PR]
by maisondefanfare | 2011-10-30 18:26 | お店でのこと | Comments(0)

Diane Arbus

先日は、臨時休業してしまい、お客様には大変ご迷惑をおかけしました。
申し訳ございませんでした。

先週一週間はゲルマン民族並みに移動続きでした。


いろんな方と出会ったり再会したり約束したりして、
また会いましょうと言ってここに帰ってきました。

原点に帰れとはよく言うけれど
場所も人も常に移り変わる中で、もちろん自分も一年前とは変わっていて

今回の移動では
その微々たる変化から発見したことの方が

昔を懐かしむよりも大きかった。

そしてそれを作品にアウトプットしていかなければね。

はっち市に向けて、今は作りためております。
アクセサリーだけは足早に、今週末に店頭にディスプレイする予定です。

中心街にお越しの際は、はっち4階ものづくりスタジオ maison de fanfareまでぜひ
足をお運び下さいませ。



タイトルのDiane Arbusは、昨日お客様に教えて頂いた写真家の名前です。
写真集欲しい。映画も見たい。

ご来店くださるお客様とお話をすると
ホホーっ、(フクロウ?)
という情報を頂くので
それを書きためて辞典を作ろうと計画中。自分しか見ないが。。。

デザイン科の友達がやっていた課題で
自分が初めて知った言葉を書いて、意味を調べて、提出しなさい(確か100個の言葉)
というものが与えられていたけど、それってすごく大事なことだよなぁ。

memo虫になろう。

それでは、また。


yasuenakamura
[PR]
by maisondefanfare | 2011-10-24 11:44 | お店でのこと | Comments(0)

臨時休業のお知らせ

本日ご来店をご予定していらっしゃるお客様へ

誠に勝手ながら

本日、10月20日(木)午後13時〜

都合により臨時休業させて頂きます。

ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。

ご了承下さいますよう宜しくお願い致します。


告知が遅くなってしまった事をお詫び申し上げます。

明日からは通常営業致しますので

またのお越しを心よりお待ち申し上げております。

maison de fanfare
[PR]
by maisondefanfare | 2011-10-20 10:46 | お店でのこと | Comments(0)

小田くんと写真たち

ついに、彼の事を書こうという気持ちになりました。

一昨日ぐらいの朝、車を運転していた時に あ、小田君について書こうと
結構良い内容と言葉がひらめいたのですが、ちょっと二日ぐらい立って
しかも昨日が濃い内容だった分、小田君への気持ちが薄くなったのは本当ですが(笑)
というのは、嘘ですが、今やっている 被災地での写真の修復作業について
彼なしでは、何も始まらないというとこから、始めます。

ああ、ちょっと絶対にあの朝に書いた方が、小田君の魅力を伝えられそうだけど、
今の全力で、伝えたい気持ちを書きます。

小田君は私とほぼ年が一緒で話しやすさと、ルックス、やさしさ抜群の彼です!

間違いなく、千葉県に住んでいる彼氏がいない女子には、おすすめです。

とか冗談はそこらへんにしておいて


小田君がいなければ、もしかしたらこんなに感動とか大切にする気持ちとかが
芽生えなかったのではないかと思っていて、そんなきっかけをくれた人です。




もし、思い出が写っているアルバムや写真が無くなってしまったら、、。

ただでさえ、PCトラブルとかで写真データが全部消えたなどを聞く世の中で
そんな事があると思うだけで、ぞっとしてしまいます。
実際、自分も経験がりますし。


しかし、私自身、3.11後に瓦礫の中から見つけ出された写真の修復をやっているなんて
知らなかったし
そんなこと考えてもみなかった。
それ以上に、映し出されるTVでの映像が壮大すぎて、考えがつかなかったのが本当で

初めて、小田君たちの活動を手伝った時の今はこれしかないという気持ちはずっと続き
もう写真修復から5ヶ月が過ぎた事に気づいた。

なくしてしまったものが、あるなら見つけたいという気持ちは誰しもがもっていて

只でさえ、人間は探し物だけに生きている間に何十時間というありえない時間を使ってしまうみたいで。

その、なくし物を見つける手伝いをしているような感覚。

シンプルに、持ち主に届けたいという気持ち一つで写真保管室の手伝いをしてきた。

昨日は8月末で広く写真を展示していた場所を終了し、今保管してある場所から
久しぶりに写真の一般閲覧をできるようにと、みんなで お茶会 を開いた。

平日にもかかわらず、15名ぐらいのたくさんの方に来て頂いてたくさんの写真たちが
持ち主の手元に戻って行ってすごく嬉しかった。

2時からの開始とともに、待ってましたと おばちゃんたちが写真を見つけに来てくれた事が嬉しくて、ああ、続けてきて本当によかったと改めて実感しました。


思い出を懐かしんで、知り合いを見つけては嬉しそうに友達と話す皆さんを目の当たりにすると
自分も見つけた気持ちになる。




なんだか、小田君の事から昨日の事に反れましたが こんなにやってこれたのも
小田君たちが、あの時に一生懸命だったからだ。
本能で、ああ、手伝いたいってことはそんなに無い、現代だからこそ
たくさんの写真たちは強く こちらに訴えてくる。

あまりにも、写真に写っている表情が良くて思い出が良くて。
きっと、持ち主に返したいなあと思ってしまう。

今、こちらにある分でアルバムは全部で 105冊
バラの写真 大小で 約3,292枚程度
ポケットアルバムに入っていた分で、たしか 800冊分
(ちょっとこれは今こっちにないから、おおよそです)

これらが、全て持ち主に帰れるようになれば嬉しいです。


けど、実は小田君だけじゃなくて、いくちゃん 中村君もいたからです。
だから、最終的には 小田君について というよりは、3人についてですね。


ちょっと、いろいろあった小田君はギブス姿で千葉まで帰って行ったのですが、
あの日、マチコさんと小田君と八戸までドライブした中での
車内の盛り上がりと言ったら、過去にないぐらいの3人での楽しい時間で
ずっと忘れる事はないと思います。


それでは、待望の小田君をどうぞ。
e0230987_20125218.jpg


そして、千葉に帰っていく小田くん。
e0230987_20134147.jpg

おお、松葉図絵をついていますね〜〜
ちょっと、ネタですが、本当にかわいそうでした、、。


じゃあね、小田くん。さよなら、今日。

e0230987_2016117.jpg



そこから、旅立つ事が思い出の形だとしたら、さよならという言葉は大切なのかもしれない。
もう、手に入らない事で 愛しさや切なさや哀しみを感じてしまう。

けれど、そこから旅立たないと その人やその物の大切さを忘れてしまうのだ。

この時、本当に夏が終わってしまって、無力感が体中に染み渡ったけれど
今年の夏は絶対に忘れないし、みんなと出会えたことに比べたら、ちょっとの間の
寂しさなんて寂しくない。あの日の、車内の3人の爆笑の連続に比べたら
大丈夫だね。

そんな事など、感じた出会いでした。



なんだか途中で文章が説教ぽくて嫌ですが、まっ!いいっか!!



中村 佳代子
[PR]
by maisondefanfare | 2011-10-19 20:29 | 岩手県野田村 | Comments(0)

モモンガ

人生で初めて モモンガを近くで観て、触りました♫
小さくて気持ちいいんです。
かわいい〜!
e0230987_1842956.jpg



kayoko nakamura
[PR]
by maisondefanfare | 2011-10-17 18:42 | 写真 | Comments(0)

マントの中にもぐり込む

maison de fanfareの軸になるコンセプトは

来て下さったお客様に

「これから良い事が起こる」という予感を与えることです。

maison de〜はフランス語で
〜の家という意味。

fanfareはドイツ語で
何かが始まる前に演奏される短い曲のこと。

造語ですが、
お客様のこころの中に、ファンファーレを鳴らす店でありたい
と考えております。


でも実際日々店に立っていると、
こちらの方が刺激や元気をもらっていて
深い感謝の気持ちばかりです。
どっちがファンファーレ鳴らされているんだろう?と思います。
本当にいつもありがとうございます。



ということで、私は材料の仕入れの旅に出ます!

アディオス!

yasue nakamura
[PR]
by maisondefanfare | 2011-10-16 18:03 | 出張したこと | Comments(0)

初めての漆塗りワークショップ体験

久しぶりに、思考がクリアな帰り道に考えた事は さら の事だった。

さら がいたから、子供を撮る事が好きになった。

前に友達に借りた本に書いてあったけど、赤ちゃんはなんらかの意味を持ってこの世に産まれて来るらしくて
2歳とかぐらいまでは、覚えているんだって。

例えば、

お母さんとお父さんが喧嘩してばっかりで、別れないようするために産まれて来た とか

お母さんが寂しそうだったからそばにいるために産まれてきた とか

お母さんを選ぶ時に、妹と二人でどのお母さんか選んで、優しそうだったから決めた とか

ずっと、そばに行きたかったけど、お母さんがずっと忙しそうだったから 待ってたんだよ とか


本当、いろいろあるらしい。

自分では分からない所で、誰かにきっかけを与えるためや、気づかせるために産まれて来るそうらしいです。


初めて、私の周りで赤ちゃんが産まれたのは、みさおさんの子供の はるなちゃんが産まれた時だった。


そもそも、私と妹はそうとう仲が悪かった。4歳も年が離れていて2人姉妹だからか分からないが

4歳まで一人っ子の様に大切に育てられた私は、妹のこの世の出現に今までに抱いた事の無い
ライバル心が燃えた。

赤ちゃんとかよくわからないし、父と母や親戚一同のアイドルだった私たちから、一気に妹へと時代は移行して、アイドルやっちゃん の登場だった。

そりゃそりゃ、嫉妬するはわがままになるは、良い事無い訳です。

しかも妹は要領は良いし、永遠の末っ子としてかわいい訳です。


そんな中、はるなちゃんが産まれて来て、私は赤ちゃんを可愛がれるのか??!
と相当心配して、母にも相談して、ドキドキした事を覚えています。
みさおさんは親戚一番美人なのだが、産まれて来た はるなちゃんは、小さくて可愛かった事を今でも忘れない。

そこから、だんだん呪文が溶けて赤ちゃんはかわいいのだという事を知った。
今や、はるなちゃんも12歳です。

さらが、本当に赤ちゃんの頃の記憶がほとんど無くてごめんって感じだが(仕事がハードだったと思ふ)
さらが、歯が生えたり最初に声を聞いた時の思いは絶対、忘れない。
さらって、こんな声なんだ〜って やす君と言った事を覚えている。
そこらへんから、成長を観て来たので可愛くてしょうがないのが さら だ。




そして、さっき人生初めての漆塗り体験ワークショップに参加した。
スプーンに漆塗りが出来るという魅力に、誰もがチャレンジしてみたくなってしまう。

赤色を選んだのは、食欲増進とカレーを食べたいがためにその色に決めてみた♪

1本30分ぐらいで出来て気軽〜!!

とっても嬉しい私は、明日休みだという気持ちの軽さから、ちょっとだけ幸せを感じております。


あと体質改善のために1週間だけ朝ご飯は、フルーツを食べる!を実践1日目です。

酵素が重要らしいです。昨日、1時間半も酵素について熱く語られたので、やってみよっかなと。

e0230987_16221252.jpg


実際、何が言いたかったと言うと時間を重ねる事で発見するなあと。
漆塗りは何層にも重なっているところを、やすりをかけて行く事で、想像以上の柄に出会う。
時間を重ねていろいろ作って行こうという 気合いの様な 志 です。

中村 佳代子








 
[PR]
by maisondefanfare | 2011-10-10 16:22 | 写真 | Comments(0)

今年度最後のものづくり体験

こんにちは、
聴く音楽は常に新しくなければならない。というマカロンちゃんの言葉に
納得している日々です。


今4階では、
10月のものづくり体験inはっち final
を行っています。
これは、ものづくりスタジオの作家とこどもはっちのスタッフが講師となり
普段はなかなかできないものづくり体験ができるワークッショップです。

内容は...

裂き織りで巾着を作ろう!(工房 澄)
カラフルウールでくるみボタンを作ろう!(つづれや)
厚紙を使って、ウールで小さなマットを作ろう!(codecake)
津軽塗のスプーンを作ろう!(LANDPROTECT)
オリジナルのキャンドルを作ろう!(candle hero)
牛乳パックでぴょんぴょんおもちゃ(こどもはっち)

盛りだくさんですね。

今回は全店舗が参加するのでこんなに様々な体験が出来ちゃいます^^


△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

今回maison de fanfareのワークショップは
「フェルトでオリジナルフォトフレームを作ろう!」
です。
明日一日のみやります!
最初で最後になってしまいましたが、姉妹でコラボのWSになります。
参加者の方の写真を中村佳代子が撮影し、
フレームづくりは中村泰栄と一緒に制作します。
フェルトにレースやボタンを縫い付けてアレンジしたものを
仕立てて、写真を入れて後日お渡しいたします。
(ちなみにフォトフレームは壁にかけるタイプのものになります)

詳細です↓
フェルトでオリジナルフォトフレームを作ろう
9日(日)11:00~16:00
参加費1,000円(写真代込み)
所要時間60分 会場4Fリビング
店員10名

最高の記念写真を、オリジナルのフォトフレームに入れて飾りましょう♪

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。


maison de fanfare
[PR]
by maisondefanfare | 2011-10-08 11:50 | お店でのこと | Comments(0)

Paradise Scapegoat

肉体の美しさというのは、誰もが溺れる一つだ。

特に、ダンサーの身体の美しさと言ったら 比べ物にならない程 綺麗でしなやかで、
筋肉がついていて 見惚れてしまうものの一つだなあと思った撮影が

この  Paradise Scapegoat  というコンテンポラリーダンスだった。
e0230987_1118278.jpg

e0230987_11192038.jpg

e0230987_11213711.jpg

e0230987_1122216.jpg

e0230987_11223451.jpg

e0230987_11225472.jpg

e0230987_11232269.jpg

e0230987_11235157.jpg


磯島未来さんという八戸出身の彼女は、コンテンポラリーダンスのダンサーで
先日といっても9月にその公演があった。

ロケハンに行った時、その会場にまず驚いた。

ガラス張りの空間をコーディネートして下さったのは、アーティストの飯田竜太さん。
飯田さんとはお会いした事は無いのだが、すっごくセンスが素敵で気持ちいいので話してみたいなあと
思っています。今ままでの作品もHPも全部良くて気持ちがいい感じなんですよね〜。



全面に色とりどりの折り紙が、貼られている。正直、最高に感動したことを覚えている。

磯島さんが、最後の調整をしていて緊張が居心地良かった。



そして当日、2日間に渡っての公演は圧倒的な彼女の存在感に
数多くの人が魅了されたことだろう。



コンテンポラリーダンスを観た事無い人たちが、おもしろいいって感じたと思う。


やはり、目の前で感じるということの伝える強さ。

普通の日常に、コンテンポラリーダンスはまず馴染まない。

作り込まれた舞台や照明、観客があってこそだと 思っていた概念を変える努力。

それが、このプロジェクトには色濃く感じられ、
そんな偉そうな事はいえないので ごにょごにょごにょって感じだが、


未来に良い予感がした公演だった。

そして、この撮影が終わったとき 本当に芯から 八戸に帰って来て良かったと思ったのだった。




磯島さんのHPですよ〜↓

worksのところに写真を載せて頂いています。


こちらが、飯田さんのHPですよー↓




リンク貼りましてん。


中村 佳代子
[PR]
by maisondefanfare | 2011-10-06 18:06 | 写真 | Comments(0)