maison de fanfare


写真家の姉と服飾雑貨制作の妹によるユニット         https://maisondefanfare.tumblr.com  maisondefanfare@gmail.com
by maisondefanfare
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2016年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

saule branche shinchõという空間

今日で2016年も終わりだ。
今年1年も、有り難いことにとても濃厚な時間を過ごさせてもらった。

良い事も悪い事もたくさん有ったが、その中でも とびきり1番の思い出は
やはり青森県八戸市にあるsaule branche shinchõさんで展示が出来たことだと思う。

e0230987_1459079.jpg


2015年12月にオープンしたその場所は、タクさんとYAMさんのcafe&galleryだ。



旅館を長い年月を掛けて改装されて、オープンしたその場所は
今まで体験したことのないような、心地の良い空気と時間と香りを纏っている。

e0230987_14591872.jpg




インテリアすべてに神経が行き届いているように思う。
全部の配置や彩り、使う食器、置いてある椅子やテーブル、お花たち。
オーナーお二人の佇まいやお人柄、優しさ。
すべてが完璧に感じるにもかかわらず、そこに居る事に緊張を感じさせない。
柔らかい光がさして、心地よい時間が流れている。

e0230987_14593989.jpg


今思えば、正気であればあんなクオリティーの高い場所に勝負にでて、よく出来たなと
オーナーお二人も、よく快く展示を承諾してくれたもんだと、恐々粛々して思う。

たぶん私たち姉妹は、正気ではなかったのだろう(笑)
イケイケ精神で、ちょっと感覚がずれていたのだろうと思う。

なぜそうかと思うと、改めてあんな素敵な場所だからこそ、私たちの中身が対抗できるかっていう不安が大きいからである。
なんか上手く言えない。。まあいいか。
私たちの話しはどうでもいい!

e0230987_1503224.jpg


時はさかのぼり、搬入日の事だ。
搬入に2日間をもらい、私たちは心の助っ人のよしこちゃんとしゅんたくんと準備をしていた10月7日の事。

私たちは、大分煮詰まっていた。

今回は、現場で混乱しないために、展示イメージをがっつり固めていたのだが
それがどうも上手く行かなくて、どう展示したらかっこいいかも、分からなくなっていた。

そんな雰囲気を感じてか、タクさんとYAMさんはギャラリーに現れた。
そして全体を見てから、2人ともパッとスイッチが入った用に、全体の配置を全部変えていった。
私たちは、2人がものすごい勢いで展示を変えて行く事に圧倒されていたが、何より2人がとてもかっこいいオーラを放っていたのに
目を奪われて、ぽっかーん  としていた。

この人たち、やっぱり只者じゃないな。かっ、かっ、かっこよすぎる!!!
これが私たち4人に共通して頭に浮かんだ言葉だろう。

そんな瞬殺の入れ替えもあり、後は自分たちで整えてライティングもして深夜手前でその日は終わった。

e0230987_1525237.jpg


展示会初日の朝、私たちがギャラリーに着いたら
更に2人のマジックはおきていた。

ギャラリー中にお花がアレンジして活けてあり、松ぼっくりやドライフラワーでものすごく可愛く飾り付けてあった。

それは、クリスマスの朝にサンタさんからプレゼントをもらったようなときめきの気持ちが、現実に起きているファンタスティックさだった。

文章でファンタスティックなんて、今まで一度も使った事がないし、使うの恥ずかしいけど
あの時の気持ちはファンタスティックそのものだった。

e0230987_1512314.jpg


それから毎日、会期中はsaule branche shinchõに通ったのだが
タクさんYAMさんと私たち姉妹で、いろんな話しをした。
よく考えたら、今までどういう人生を歩んできたとか
とにかく語り合ったが、まだまだ話し足りない感がある。

e0230987_1514124.jpg


それぐらい人間的に深い2人であるし、優しさで溢れている。
なにより魅力で溢れている。

e0230987_1501158.jpg


人間としての魅力を勉強した時間だったようにも思う、良い時間といい空気が身体中に吹き込んだ。

e0230987_1522371.jpg


saule branche shinchõ


kayoko nakamura
[PR]
by maisondefanfare | 2016-12-31 15:05 | 日々のこと | Comments(0)

2017S/S 「Sisters」展示が終わりました

12月25日で、maison de fanfare 2017S/S 「Sisters」展示会が無事にすべて終了いたしました事をご報告申し上げます。

e0230987_17514572.jpg


10月8日から青森県八戸市のsaule branche shinchõ (そーるぶらんち新丁)にて始まった
今回の展示会。
約2ヶ月半の間に八戸と東京都の2カ所にて開催いたしまして、トータル約500人近くのお客様にお越しいただきました。
これもひとえに、皆様の支えがあってからこそだと感謝の気持ちでいっぱいです。
お忙しい中、たくさんの方々に足をお運びいただきましてありがとうございました。
改めて御礼申し上げます。

たくさんの新たな出会いもありましたし、たくさんの気づきや反省点などもありまして、
これも次のステップに向けてmaison de fanfareの糧に成長をしていきたいと思います。

皆様、本当にありがとうございました!!!


e0230987_1752771.jpg




maison de fanfare
中村 佳代子  泰栄
[PR]
by maisondefanfare | 2016-12-30 17:54 | 展示 | Comments(0)

ワンピース レボリューション

私が洋服に対して、着心地を重視するようになったのはいつからの事だろう。
たぶん、写真家の先生のアシスタントをしていた頃からように感じる。
撮影に入る時は、邪魔にならないように無彩色の服を着て、動きやすく機能的な素材を重視するようになった。
買う服も無彩色をメインにカットがシャープなものなどを好む様に知らないうちに、変化していった。

妹が洋服を作っていることもあり、
色々な洋服を店頭や展示会やwebなどで見たりするが、自分の好みのもの意外は特に興味が湧かないものだったりする。

今回の「Sisters」での展示会の服は、ワンピースのものが多い。
私自身、ワンピースを着るのは、相当気合いの入ったパーティーとか結婚式などでしかなく、
私にとっては日常用の服ではあまりない。
汚れたりしたら困るし、大切に着たいと思うからこそ日常からワンピースは遠のいているのであった。

実際、生地を良さを教えてもらって物の良さを知ってはいるし、丁寧な手順を踏んで出来上がっていることは知っている。
ただ、ワンピースは実際に自分では着た事がなかった。

e0230987_23164931.jpg


そーるぶらんち新丁での八戸での展示の最終日、いよいよ展示も今日で終わりかあ。っとセンチメンタルになっていた矢先、
母親が訪ねてきて、ネイビーのワンピースが欲しいから試着してみたい。と言っていた。
私も、ネイビーのワンピースはとても可愛いと思っていたし、デザインも素敵なの服だなあと思っていたので
試着に興味津々だった。
着替えて出てきた母親に私は、度肝を抜かれた。。。。

とても若く、可憐に、細く、美しく見える。

びっくり仰天、ワンピースがとても似合っていた母親を私は大絶賛していたのだった。

ええ?!?!自分も着てみようかなあ♪

e0230987_23172198.jpg


足など太いので気まずいが、まあ身内しかおらんし、着てみようとネイビーのワンピースを着てみた。


びっくりするぐらい、鏡に映る自分が綺麗に感じた。
可憐なお嬢様って感じで、とても感じがいい。
ワンピースを着るだけで、自分をこんなに良くみせれるもんかい?!っと感動さえしてしまった。
まさしくマジックワンピース!!
普段、ワンピースを着ない私は、軽いコスプレのようにも感じたが
自分がよく見えるだけで、大分気持ちが良いものだ!!

気分が良くなった自分は、下の階に居るタクさんやYAMさんに、自分の姿を見せに行ってみた。

言わずもがな、タクさんとYAMさんは、とてもおしゃれだ!!!
正直、自分が知っている男性陣の中でもTOP1,2を飾るぐらいのファッショニスタだと思っている。
もちろん、今まで自分の容姿を2人に褒めてもらった事などない。
というか、自分の人生あまり容姿を褒められない。

がしかし、そんな事も忘れるぐらいワンピースを着て舞い上がっていた私は、2人に見せに行ってしまった。

私を見た瞬間、1階にいる男性陣が、一瞬止まっていた。
「ええ?!いいじゃん!似合うよ 」
「展示して飾ってあったのより、実際着た方が何十倍もいいよ」

YAMさんなんか、動揺していたが、目がキラッと光って
「かよちゃん、若くみえるよ」
って言っていた。
若くみえるなんて、人生で初めて言われた。

ワンピースを着ただけで、こんなに自分のテンションが上がるとは知らなかった!
おそるべし、ワンピース!
自分の中のワンピースレボリューション!
この時の体験は一生忘れないと思う。


いよいよこの展示会も、12/25で終了だ。
明日からクリスマスの3連休、姉妹揃って、皆様のお越しをお待ちしております016.gif

e0230987_23161924.jpg


そして私はmaison de fanfareのワンピースを着て、モテモテレボリューション2017を密かに企んでいる。





kayoko nakamura
[PR]
by maisondefanfare | 2016-12-22 23:18 | 展示 | Comments(0)

空白の時間と濃密な時間と私

先日、不覚にも高熱を出してしまった。
色々様々やらなければならない事があるのに、も〜〜〜!!
っと言って牛になりつつも、熱により身体が全然動かずに意識は朦朧としていてベットの中に私はいた。

疲労ではないのだが、10月のあまりにも八戸が寒く、長袖を3枚ぐらいしか持っていなかったので
風邪を引いたらしい。
節々が痛くて1人では歩けもしなかったため、家族に身体を支えてもらって、ようやく歩くような日が2日ぐらい続いた。
病院に行って処方薬を出してもらい、どうにか1日でうどんを1玉食べれるぐらいに進んだ。

けれども外出なんて全然出来なくて、ベットから半径3歩程度で出来る事を見つけ出し、
この間に私が勉強し研究したのは長谷川町子先生とさくらももこ先生の事だ。
過酷な時代をどのように女性として生き抜いてきたかを、
自伝を読んで勉強して過ごしていた。

この時期の風邪は本当にきつく、東京に帰ってきてからもまた寝込んでしまい、11月下頃にようやく治ったみたいなもんだった。
その期間の中にいつもいつもベットの中で、こんな事が書きたい。こんなテーマで書きたい。など
泉のようにもりもりと文章を書きたい欲にかられていたのだが、11月からは東京の展示準備で忙殺されて今日に至ってしまった。

時間はあっという間に、過ぎてしまう。
どういう事だろう、、。大切に過ごしている様に思っていても、無駄な時間が多い様に強く感じる。

私はよく、誕生日を迎えた人にインタビューするようにしている。

60歳の誕生日を迎えた本人にインタビューすると、60歳はもっと大人でもっと素晴らしいかと思っていたら
そうでもなくて、自分の根本はあんまり変わってないんじゃないか?!っと思います。

みたいな事を聞く。

これはたぶん誰にも当てはまり、常に想像の自分と現実の自分に時差が生まれギャップに、少し残念な気持ちに
なってしまったりする。

では、自分の1日の過ごし方をデータ化させて無駄な時間を洗って効率化し、英会話でも勉強したら
4年後のオリンピック時には家族ぐらいには胸を張って、海外のお客様をおもてなしさえ出来そうな気もする。


ここで、ふと自分を振り返ってみる。
無駄にこそ、自分自身が感じる美徳があるのではないかと。
いいのだ。
あまり無理せず、自分は自分でいいのだ。
無理すると病気になったり、イライラしたりするしで、いいことない。


長谷川町子先生もさくらももこ先生も、まわりと比べず、目の前の事をきちんと積み重ねたから、今があるのだろう。

10月の八戸の展示会から様々な楽しい愉快な人生楽しいなあとしみじみ感じる事がたくさんあった。
こちらは、また改めていろいろ書いていこうと思う。

e0230987_17314972.jpg





maison de fanfare
中村佳代子
[PR]
by maisondefanfare | 2016-12-13 17:36 | 展示 | Comments(0)

東京編『Sisters』始まりました

空を見上げると、黄色いイチョウの木が大きく枝を広げています。ここは東京の展示会場へ向かう道の途中です。
e0230987_21081441.jpeg
最寄駅のひとつである代々木上原駅から歩いてきました。(展示会場は目黒区の駒場という所にあります)

おかげさまで先週の11月23日(水)に
maison de fanfare 写真と服の展示会『Sisters』が始まりました。
お、お知らせが遅くなりまして申し訳ありません(>_<)!
e0230987_21133448.jpeg
e0230987_21141858.jpeg
e0230987_21145038.jpeg
(たくさんのお気持ちをありがとうございます!056.gif)

この会場は私たちにとっての宝箱のようなところです。
こちらにお立ち寄りの際には、日本民藝館に行かれるもよし、少し歩いて奥渋谷を探索するもよし、下北沢や代々木上原をお散歩してお買い物もよしですよ〜!素敵な休日のご予定のひとつに入れていただけたらとても嬉しいです012.gif053.gif


■東京都駒場
会期:2016年11月23日(水 祝)〜12月25日(日)

オープン:金土日祝13時〜20時
休み:月〜木曜日

場所: Fメゾン
場所:東京都目黒区駒場4-8-2

e0230987_21404932.jpg

八戸の展示からブログ上では長い沈黙を経て...あの子ら大丈夫かしら?とご心配をしてくださった方に、東京に戻ってからのことをお話したいと思います。よろしければご覧になってくださいませ072.gif

11月に東京へ戻り、会場の空調の整備をいとこの会社にお願いしました。随分と長い間使われていなかったので、暖かくいられるようにお掃除きていただきました。
e0230987_21214563.jpeg
そして地下に広がるギャラリースペースの改装も、もう1人のいとこの大工さんにお願いしました。
e0230987_21262054.jpeg
お姉ちゃんも壁を剥がしました005.gif
e0230987_21271460.jpeg
お義兄さんは天井を剥がしました043.gif
e0230987_21280422.jpeg
ちなみにmaison de fanfareは家族操業を超えて、親戚やいとこの皆様にかなり支えられております。八戸の展示でもお世話になりました。感謝をしても仕切れない程、本当にありがたく思っております。

そして1階のカフェスペースも、片付けては磨いて、掃除をしては拭いてを繰り返しました。
e0230987_21475942.jpeg
お姉ちゃん、病み上がりの身体でよく頑張りました。
e0230987_21484788.jpeg
お義兄さんも、ずっと棚をワックスで磨いてピカピカになりました
e0230987_21520988.jpeg
私は大工さんのご指導の元床板張りを頑張りました006.gif

展示が始まるまでは、大工さんのお仕事、片付け、掃除をずっと繰り返していたので、世の中にあるビルや建物も誰かの手によってできたのだと思うと胸がジンと熱くなりました。平坦な道路も、地下鉄も、高層ビルも...
新しい経験をしてさらに感動は広がります。

まだまだ話したことはたくさんありますが、それは展示にお越しいただいた時に色々お話できたらと思っております016.gif
どうぞよろしくお願いいたします!

maison de fanfare





[PR]
by maisondefanfare | 2016-12-01 21:05 | Comments(0)