maison de fanfare


写真家の姉と服飾雑貨制作の妹によるユニット         kayokonakamura.com    maisondefanfare@gmail.com
by maisondefanfare
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

夜のさくら

ここからは、夜の部です。

今回の第一目的は、夜桜を撮影することでした


一度ホテルに戻り、黄昏時に また 弘前城へ


もう、一人だとしても 綺麗すぎてテンション上がりました
e0230987_16155537.jpg


もうどきどきが止まらない感じでした
e0230987_16172084.jpg
e0230987_16165842.jpg
e0230987_16164057.jpg


幸せだったなー これを観にきましたー

けど、途中で気づいた事が 弘前は寒いという事

しっかり着てるのですが、だいぶ寒いです、、

お腹もすいてきたし この後は帰りました。


後日、八戸に帰って来て  いっつも食べに行ってる ハーディーのつかささんに

この写真を見せたら、『ロマンティックが止まらないね』って言われて 確かに〜って思ったんだけど

一人で行ったから 全然思わなかった。

『このシチュエーションでデートしたら間違いなく、好きになるよね〜』って言われて納得。

私は写真を撮りに行ってるから思わなかったけど、違う人はそう思うのか!

じゃあ、私以外のあの場にいた人たちは、みんなロマンティックが止まらなかったのだろうか

という、虚しさを 一気にコロナビール で流しました。

という事で、来年は私もそうなりたいという気持ちを胸に 来年の目標ができました!


kayoko nakamura
[PR]
# by maisondefanfare | 2011-05-05 16:03 | Comments(0)

Thanks MAMA

おはようございます。

今年は楽しみにしていた緑化祭りに行けないみたいで、残念です。
レモンの木とオリーブがほしいです。どちらも暖かい国のイメージだけどはっちの中なら大丈夫だろうと思います。オリーブは雄雌ないと実がつかないけど。。。

新作入荷です。

リトアニアリネン100%のエプロンです♫
リネンは麻の一種ですが、フラックスという草(可愛いお花を咲かせる)からとれる麻のことで厳密には亜麻と呼ばれるそうです。
有名なのはアイリッシュリネンやフランスリネンがありますが、個人的には今回使ったリトアニアリネンの手触りの良さに一目惚れしてしまいました。柄もシンプルで飽きが来なく、丈夫なので何度もジャブジャブ洗って使っていただけます。使い込んで行くほどになめらかな手触りになります。


大好きなお母さん、今までずっと側にいて見守っていてくれてありがとう。
これからはあなたにとって素敵な日々を送ってほしい。
という意味をこめて制作しました。

写真は後ほどアップします!

中村泰栄
[PR]
# by maisondefanfare | 2011-05-04 10:36 | お店でのこと | Comments(0)

5月3日 野田村

この日は天気は晴れ

ひとりで野田村へ行きました  本当は誰かと行く予定で考えていましたが、急すぎて家族さえのスケジュールも取れず、一人で行ってみる事にしました。

行ったら、小田くんとかいるし大丈夫〜と思ってたけど、一番不安なのが行き道です  

ナビが付いていないとどこにもいけません、、、
たしか、ちょっと迷ったと思います  まあ、余談ですが帰り道は本気で迷いました。。

夜、仕事が入っていて八戸市に時間で帰らないとだめだったから、焦ったのを覚えています


今は、だいぶ慣れたからよかった


朝迷ったので10時ぐらいに到着して、小田くんとか中村くんといくちゃんに会って安心した〜

この日も、たくさんの人と一緒に作業できたので、今まで溜まってた分をほぼ終わらせる事ができました。
よかった、ほんとによかった〜

基本的な作業の流れみたいなやつを書いたりして、だいぶいい感じになったはず

いろいろ作業してると、あっという間に時間がすぎてお昼休憩に。

前日、余裕を持ちすぎてぜんぜんゆっくりご飯が食べれなかった事とかお祭りを見ようとか、
考慮してくれて
1時間半も休憩頂きました、そりゃ私たち4人のテンションも上がり
私が、レストランみなみに行こうって言ったら、気分かえましょうって事で
道の駅の食べるところへ!!
もう、4人ルンルンですよー!

私は、福来豚を食べました! ハッピーポークと呼ばれているらしいです。いい名前ですね〜

しかも、とってもおいしいんですよ〜ハッピーポーク!
e0230987_18163192.jpg

これにして良かったって思った。

そして、そりゃ野田村に来たら 塩ソフトクリーム が有名です。
これは、食べるべきですねー、とっても美味しかったです。
地元に住んでると食べないらしく、3人ともおいしいーって言ってました。

まあ、もちろん4人ともまたテンション上がる訳で、またルンルンで図書館へもどるるるー

って、楽しみすぎですよねえ、中村さんって感じ、、


午後もスタートして、いろいろやってると

復興イベントで来ていた 女優の戸田恵子さんが 写真室へ観に来て下さいました


みんな、戸田さんに会えて嬉しそうでしたー、華があるし
なんたって やっぱりアンパンマンとかトーマスとかすごいですよね、
私も会えて嬉しかったなあ。 
記念撮影もしました〜

小田くんに写真送ってもらったけど、いい写真だったよ。

あっという間に午後の部も終わり、なんだか名残惜しいから、、

みんなで、集合写真を撮りました!!
これは、ほんっとにいい写真でここにアップできないのが残念です
みんな、充実感に溢れてる感じで、表情が自然で。いい写真です。

私も、みんなと撮れてよかったな。


あーーー、このあと仕事で嫌だったなあ
小田君、中村くん、いくちゃん と、ほんっとに名残惜しかったけど、

またねって言って帰りました

あーいい1日だった。



e0230987_18171851.jpg

[PR]
# by maisondefanfare | 2011-05-03 17:05 | 岩手県野田村 | Comments(0)

5月2日 岩手県野田村

この日は、朝一で八戸市を出発して野田村へ

早朝から、風が強くて風の音で早く目が覚めてしまいました。

行く途中もずっと風が強くて車の運転も大変そうなぐらいの強風で

案の定、野田村も強かったです

ということで、私のまわりの人では恒例の天気の神様に神頼み、、、

これ、本当に天気が良くなるんですよ〜 この日も午後から強風警報が解除されました!やっぱりーって思いました。

この日は、この強風で前日に作っていた所が風で飛ばされてしまって、図書館の奥にあるホールの所に展示する事になりました。

GWということもあり都心からのボランティアの方々などいらっしゃって、写真チームは総勢25名程度で作業できたので、ほんと作業が早いです。

まず、掃除からです。 まだまだ泥や砂がそのままだったので

写真やアルバムなど、たっくさんあるので新しく台を作ったり、写真を一から貼り始めたりといろいろ。


アルバム 大切ですよねー、結婚式や赤ちゃんの写真、モノクロの記念写真など、いろいろあるけど
ただ置いてあっても、見ないかもね  
ということで、表紙と中の顔が分かるなどの重要そうなページを写真に撮って、ファイリングすることにしました。

まちこさんが、重要そうなページを見つけて印を付けて、スーピーさんがアルバムをセットしてページを開いてくれて、私が撮るという チームプレイ!

じつに効率的な二人の動きにありがとうございますっの言葉しかでません。


私自身、物撮りが好きですが、よく考えたら結構な量で基本的にたんたんと撮って行きます。


これまで、だれか知らない方のアルバムを写真を見るという機会なんてまずなく、増してや撮影するなんて思ってもみなかったので、とても貴重な体験をしました。

いろいろな年代のアルバムが様々出てくるので、表紙の素敵さ、持ち主の愛情の深さ、ページを開いた時に感じる、内容の美しさ、写っている被写体の良さ

ぜんぶ ぜんぶ 良くて、涙が出そうで 絶対忘れません

物を撮影していると、リアルにこっち側にパワーが入ってくるのですが
どれも力が強くて ちょっと負けそうになりました 今だから言うけど

けど、持ち主の元に必ず戻りますように お願いしますって気持ちを込めて1つづつ撮りました


私が撮ったものは、もちろん誰かの元に戻るようにという、ちょっとした事にすぎないけど
この撮影ができてよかったです、考え方が変わりました。

367枚アルバムの写真 大切にします。


撮影が終わって、ホールに戻ったら写真がたっくさん貼られていてびっくりしました

すごいです!!

なんだか、写真展みたいな感じです


ということで、看板を作ることになり ひとり一文字書いて 完成!


なんか、一緒に来たみんなは、やっぱりこだわる人ばかりなので
看板の位置もこだわるでしょ〜ってことで
すばらしい出来栄です。

岸山くんが一生懸命、1つずつ貼ってくれました ありがとう!!
途中の私の無理なわがままにも答えてくれたし。

最後の方、さのくんとまだ残っている写真を貼ったりしてこの日は終了しました。


この活動をずっと続けてきた、小田くんと中村くんと北田さんが嬉しそうでなによりでした。

笑顔が嬉しかったし

そして、そりゃあみんなの写真撮るでしょってことで 浅田さんが撮影

なんだか、名残惜しくて帰れなかったなあ。

帰りたくなかったなあ、けど新幹線の時間がせまってくるから ってお別れ。。

帰りの車の中は
適度な疲労感が体中に染み渡り、夕日がとっても綺麗だったのを思い出します。




そして八戸駅に帰ってきて気づいちゃったの、私、新幹線に乗って帰る人を見送るのが
初めてだってことを


何十回、見送ってもらったか分かんないのに、初めてでした。

寂しかったし、悲しかったし、 帰んないでってみんなに言いそうになったけどやめました


それで、思いついたのが写真を撮ろうって思ったけど、なんかシャッターが切れなくて上手くないし

もう一枚撮ったけど、本当に下手でした、自分でもびっくりしました。

かなしいってこういうことかって    お見送りっていやです



   スーピーさん さのくん まちこさん 渡辺さん 一哲くん 岸山くん 浅田さん

          一緒に行けてなにより良かったです。ありがとう!


                  中村 佳代子

 
e0230987_1754332.jpg
 
[PR]
# by maisondefanfare | 2011-05-02 16:02 | 岩手県野田村 | Comments(0)

5月1日 岩手県野田村

この日は、朝から雨が降っていました

朝、maison de fanfareをオープンさせてから 
東京のみんなを迎えに久しぶりに八戸駅に迎えに行きました

4月29日に東北新幹線が前線復活開通して、みんな無事に新幹線で来れてよかったー

4時間ぐらい時間はかかったそうですが、新幹線の方が比較的、楽な感じがします。

今回、なんでみんなで集まったかというと
岩手県野田村に、写真の修復のボランティアに行こうという声かけがあって集まりました。

私自身この仕事をしてきて、今回の大地震があり、何もできないことを本当に悩んでいました。
もし私が料理を作れたら、炊き出しに行けるのにとか、
家を建てれたら、お家を造れるのにとか、、、、

オリンパスの私のコミュニティで『一体、写真で何ができるのでしょうか?』
と言われた時に私は何にも答えられませんでした。つらかったし、悲しかったです

そこで、始めたのが全国の方々が今回被災した場所で、昔撮ったもとの姿の写真をダウンロードできるようにしました。すごく美しい三陸海岸の写真や桜の写真、たくさんアップしてくれています。

けれど、私には良い答えは全然見つからずに、4月は悩んでばっかりいました。
一体、何ができるのかと、、、

そんな時に、写真家の浅田政志さんから電話が入り、GWで忙しい店を妹一人にするのはかわいそうだったけれど、行く事に決めました。

野田村は八戸市から1時間半ほどかかります。初めて行く場所でした

ドキドキしました あんまり考える事ができないまんま、ただ晴れる事を祈って車に乗って行きました

私が思う東北の良さは、やっぱり道の途中の美しい風景で この日も美しかったです

村役場に着いて私の目の前には、ニュースで見た以上の景色がありました

ちょっとあまりにもショックで言葉が出ませんでした


もともと、その写真の修復を始めた小田くんと中村くんに会って手順などを聞きました

最初は、自分たちで見つけた写真を修復していたそうですが、日に日に瓦礫の下から見つかった写真やアルバムを自衛隊の人や作業している方が、持って来てくれるようになり、膨大な量になったそうです。

写真の修復は簡単に説明すると
水洗→乾燥→透明の袋に入れて展示する

という感じです

繊細なので結構、手間がかかります 

これを2ヶ月程度、ずっと続けてきた小田君たちは、本当にすごいです!!
尊敬しています。

少しでも、ほんの少しでも、手助けになるようにと思いながらする作業は尊いです


ひとりでは、出来る事は少ないけど、一緒にやってくれる人がいれば心強いと心から思いました


今回、出会う事ので来たみなさんに出会う事ができてよかったと伝えたいです。

ありがとう!!そして、これからも一緒に出来て行けたら嬉しいです


maison de fanfare
中村 佳代子


e0230987_19104786.jpg

[PR]
# by maisondefanfare | 2011-05-01 18:26 | 岩手県野田村 | Comments(0)

白い小鳥

じんわりと、心の中に広がって来たことがあります。

自分は売れることを至上主義としてものづくりをしているわけではないということ。

ずっと八戸に暮らしている方、県外からいらした方、ちいさなこども、いろんな方々とお話をして、

毎日吸収して、思い返したりして。

そのなかで、お客様が  これが欲しい。という言葉を聞いて嬉しい気持ちで作った物を渡す。

これ以上にあたたかな気持ちになる瞬間はありません。

必要な物を少しずつ、昨日よりもいいものを作り続けていたいです。

それを最近強く感じます。内側へものづくりのアプローチと、青森から外側への発信をもっと広げて行くために努力しなきゃ!

中村泰栄
[PR]
# by maisondefanfare | 2011-05-01 16:37 | お店でのこと | Comments(0)

おめでとう おめでとう

う〜〜〜ん
e0230987_187378.jpg


ぱっ!!!!
e0230987_188654.jpg


はい、久しぶりの登場 ふうちゃんです

この日はバーベキューの帰りにお店に来てくれました
会えて嬉しかったな

お母さんのかなえちゃん曰く、ここに来るとたくさん撮ってもらえるから
ぶりっ子になるそうです058.gif

そんなところも かわいいです
ということで、ふうちゃん劇場はじまります053.gif

ちょうど、妹さんが灯火ストラップを作っていたので
それで遊んでいました
e0230987_18121165.jpg


e0230987_18123781.jpg


ママと、このストラップで、あっちい あっちゅい と遊んでいるらしいです
e0230987_18135364.jpg


純粋に一言いえるのが、ママそんな遊びを教えないでっ!!って後で怒りました013.gif

そして最後、スペシャルポーズ
e0230987_18161327.jpg



あっ、そして今回何がめでたいかと言うと
ピカイチ美容師 吉田さんの美容室が2周年を迎えたそうです068.gif068.gif


お店にサプライズで行ったら、私の写真が飾ってあって嬉しかったです

ファイヤーキングの花瓶をプレゼントしました016.gif
これかわいいんですよ、けどプレゼントしちゃいました

私のカメのしゃしんの横に置いてくれました ありがとう!
e0230987_18205431.jpg


吉田さんは、今後あるであろう私の写真展握手会の時のヘアメイクをしますっと言ってくれました

え〜〜、握手会とか絶対恥ずかしいからイヤだけど 
そんな時が来たら嬉しいから想像しておこう と思いました

おめでとう おめでとう
[PR]
# by maisondefanfare | 2011-04-30 18:00 | お店でのこと | Comments(0)