maison de fanfare


写真家の姉と服飾雑貨制作の妹によるユニット  kayokonakamura.com maisondefanfare@gmail.com
by maisondefanfare
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

あさがおの水色 夏の日々

青い空がどこまでも広がっていて
地面は暑く
昼間は しんと静かで
その散歩は、まるで2人きりなんじゃないかと思うほどに透き通っていた

e0230987_17535281.jpg



暑い中、とくにやることもなかったので祖母を誘って散歩に出かけた

なんで暑い中に散歩したかというと、この時の暑さはさほど厳しいものではなく
気分転換には、うってつけのように感じたし
家にいることにも あきていた

あと写真が撮りたかった

渋々、祖母は出かける準備をして家を出た


近所を一周して  公園に行ったり  橋を渡ったり  犬をみたり  ベンチに座ったりした

e0230987_17541466.jpg


この頃、写真学生だった私は  祖母は元気だけれども80歳を越えているから
いつ死んでもおかしくないし、たくさん祖母の写真を撮っておこうと密かに考えていた。


しかし、それとは相反して祖母はパワフルに生活を続けて、目も私よりもよく見えるし
肩も父よりも  すんなりと手を天高く挙げることが出来た
ごはんも、肉も魚もなんでもよく食べて、年配者が好む様な薄い味付けではなく
濃い味つけのものを好んで食べていた

我が家では女王的存在で、悠々自適に過ごしていたから特に大きな病気はなく、
祖父が他界してからは、自由に生きていた

祖母をみていると、ご飯は母が作ってくれるし、孫はいるし、犬はいるし、
デイサービスには楽しそうに行くし、比較的理想の老後生活のように思えていた。



フイルムで写真を撮っていた頃から、10年以上経ち元気に過ごしていたのだが
市から来た、健康診断の無料案内が来たので行ってみると病気がみつかった。

これが今年の3月だ。

あまり長くないと医師には言われていた

もう94歳なので、薄々は気持ちの準備はあったかもしれないが正直、ショックで辛かった。
遠くに住んでいる分、何もできず辛かった。

気持ちをごまかすように生活していたが
7月の中頃父から電話があり、危ないということだった

スマートフォンをスピーカーモードにするから、話しかけてみろ  と父に言われ
おばあさん、かよこだよ、聞こえる?
と大きな声で何度も呼びかけてみた

すると危篤状態ではありながらも、少し口がもごもごと動いたらしい

電話を切って、父は妹に電話をかけて、よびかけてみろと言って

その時も、口が動いたらしい

そのあと、静かに息を引き取ったそうだ。

e0230987_18123040.jpg



その夜八戸に持ち帰るために、私は今まで撮ったフイルムの写真を、押し入れからひっぱりだし
ネガを見つけてセレクトした。

わからないが、ずっと涙が流れて辛かった
写真は、今撮っている自分の写真よりも妙に出来が良く感じた

純粋さが残っていた



祖母には見せる事がなかった、祖母の写真


祖母はこの写真をみて、なんというだろう。

たぶん、いやだ この写真        というだろうな




e0230987_18124577.jpg




kayoko nakamura


気持ちが片付いてきたので、やっとで文章を残しておこうと思いました。
[PR]
# by maisondefanfare | 2015-08-08 18:13 | Comments(0)

ワークショップをしますよ〜!

久しぶりにmaison de fanfareでワークショップを開催致します!!
本当に、久しぶりの開催なのでこの機会を逃さない訳にはいきませんよ〜
みんなあつまれーーemoticon-0109-kiss.gif



日時は2015年8月16日 日曜日
開催場所は 八戸ポータルミュージアム はっち 4F 

内容は、
『カラフルリボンでつくるヘアアクセサリー』emoticon-0115-inlove.gif

オリジナルのヘアアクセサリーを作りませんか?
まだまだ暑い夏!emoticon-0157-sun.gif
かわいいヘアアクセサリーで、すっきりまとめれば 可憐な女性に大変身です。
後ろ姿の魅力up間違えなしですemoticon-0128-hi.gifemoticon-0136-giggle.gif

ヘアアクセサリーはバレッタかカチューシャかを選べます

参加費:1,000円

所用時間:30分程度

対象年齢:小学生以上なので親子での参加もできますし、お子さんのみでも可能です。

材料は無くなり次第終了、予約なしの当日受付とお知らせしていただければ幸いです。

中村泰栄が、作り方は丁寧にお教えいたします。

ぜひとも皆様、お友達、ご家族お誘い合わせの上、遊びに来て下さいね〜〜emoticon-0142-happy.gifemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0111-blush.gif

e0230987_1731157.png
e0230987_17305359.jpg


中村 佳代子 泰栄
[PR]
# by maisondefanfare | 2015-08-08 17:31 | 出張したこと | Comments(0)

奥田染工×文化服装学院Ⅱ部作品展 「CIRCUS」

e0230987_00162036.jpg
さぁ、いよいよこの1年間準備してきた「CIRCUS」を皆様にお披露目できる日が近づいて参りました。

こちらは文化服装学院Ⅱ部(夜間部)の学生が、奥田染工場でオリジナルデザインの生地を作り、そこから服やぬいぐるみなどを制作した作品展です。

【奥田染工場について】
八王子にあるシルクスクリーンプリント(手捺染)を中心とした工場です。コレクション参加ブランドや、若手デザイナーのプリントを手掛け、シンプルな技法だけでなく、プリントや染色の多種の技術を利用し、多くの提案を行っている工場です。
http://www.okudaprint.com


【展示会日程】
写真展
2月23(月)〜26日(木)
9〜21時
文化服装学院ロビー階サンルーム(エレベーターを抜けて遠藤記念館に行く途中のサンルームです)

作品展
3月2(月)〜7日(土)
11〜17時 (最終日は16:30まで)
文化服装学院C館20階共有ルーム(高層階エレベーターで20階へと上がってください)

最終日は13時より講師を招いて講評会があり、見づらいことがあるかもしれませんがどうぞご理解ください。

文化服装学院
http://bunka-fc.movo.jp/index.html

今回テーマに掲げているサーカスは非日常のファンタジーが生まれる場所であり、見に来る人々に多くの夢を与えてくれるものです。
私たちが日々関わっている服も1人の力で作るものより、今回参加してくれた生徒の想いが集まると強いエネルギーを持ち、人に夢を与えることができると私は信じて、このテーマにしました。

作品展にたどり着くまで、本当にたくさんの方々にご協力をいただきました。奥田染工場の奥田先生をはじめスタッフの皆様、テキスタイルデザイナーの方々、写真を撮影してくれた宮川さん、実行委員の石川君、ゆうちゃん、真紀子さん、石井さん、美雪さん、本橋さん、西川さん、3年生の先輩方、学院の先生方、学友会事務の鈴木さんと仲吉さん、、卒業生の秋本さん、参加してくれた文化のみんな、家族、友人など感謝しきれない程のご教授とお力添えをいただきました。

服のチカラを信じてこの展示会を成功させたいと思います!!!どうか皆様お誘い合わせの上、ぜひ「CIRCUS」展に足をお運びくださいませ。
心よりお待ち申し上げております。


e0230987_00165938.jpg
e0230987_00174430.jpg
photo:dosei
styling:tomohiro ishikawa,
yuko inagaki

「CIRCUS」展
代表 中村泰栄








[PR]
# by maisondefanfare | 2015-02-19 00:15 | Comments(0)

ほしのひかり ミントの香り

東京のひかり

やはり美しい都会の夜の光は 胸をぎゅっと掴む

2月に入り

東京は かすかに 春の香りがしている

香りと共に 上京した18歳の頃の記憶が ふっと 戻ってくる


温かな日差しと 桜の薄いピンク色と 青空と 自由と未知


e0230987_23244795.jpg



お友達が言っていた

全部自分で良くしようと選んできたんだから、今が一番いいんだよ
絶対に前の自分より 今が良いはず


e0230987_233266.jpg




今日2月11日でmaison de fafareは4年目を迎える


e0230987_2333242.jpg



いろいろ有ったなあと思うし、苦労した分、楽しかったなあと思う

独立した時は4年目の時に東京に居るとは思っていなかったし

妹が学校に入るとも思っていなかった



相変わらず、バタバタとスケジュールに追われているのか  追っているのか
そんな毎日を過ごしている




果たして私たちは、自分たちを信じて生きて行けるのか、、、
そんな事を普通に不安に思ったりも良くするが



春の夢のごとく


どうしようもない不安は

とにかく真剣に自分に向き合う事で解消して行くしか


手はないのだろう




出会えた事に感謝を


これからにキスを

e0230987_2340150.jpg









kayoko nakamura
[PR]
# by maisondefanfare | 2015-02-11 23:41 | 日々のこと | Comments(0)

こころからの花束

サルバドール ダリの肖像画でとてつもないかっこいい写真がある

魂からそう思う写真があった

Irving Pennが撮影したその写真は、人生そのものを撮っていて 越えられないかっこ良さがあった


もう少しで2月になり大切な人の誕生日がある

去年は60歳という大切な節目の年だったので、みんなでお祝いにご自宅に向かった

お花が大好きだから
きっとプレゼントはお花が良いだろう

そして私はいつもここぞという時は、お花をプレゼントするようにしている


私は、自分の中では一大決心をして とてもアレンジメントが素敵なお花屋さんに初めて頼みに行った
いつも行っている大好きなお花屋さんもあるのだが、今回はお祝い事なのでチャレンジしてみた

そして人生で初めて出す一番高価なアレンジメントをお願いして誕生日に届けてもらうようにお願いをした

とてもセンスのいいお花屋さんできっと喜んでもらえるだろうと、私はドキドキしていた


誕生日当日、お家に行ったら
花屋でも開くのか??!!というぐらいのたくさんのお花がプレゼントで届いていた
送って下さっている方々も大御所ばかりの面々で、それは素敵なお花ばかりだった


自分のはどれだろなーと見ていたら、一番前にひっそりとある小さなアレンジメントだった


私はこの残念な気持ちを一生忘れないだろうなあ と思う


この日は昼から夜中までシャンパンをみんなで飲みまくったが私はまったく酔わなかった

まだまだだなあ、人生まだまだだなあ

花屋に行くといつもこの事を思い出す


切ない花束の思い出

e0230987_2320695.jpg




kayoko nakamura
[PR]
# by maisondefanfare | 2015-01-29 23:20 | 日々のこと | Comments(0)

産まれたての  こんにちは


新年最初の撮影は、お正月の時に撮影した

産まれたての赤ちゃんだった


産まれて10日程度の赤ちゃん


ほやほや

ほにゃほにゃ

愛おしい


新しい命は、パワーをもらう
なんだ、この私も生きるぞーーーって元気になる感じは



赤ちゃんは偉大だな
お母さんは偉大だな



今日ラジオで言っていたのだが
『ごちそうさまでした』
の返し言葉は『お粗末様でした』という

この、お粗末様でしたというのは、家族に対する謙遜語の意味だそうだ
大切に作ったものを食べてくれてありがとうという、感謝の謙遜語らしい

家族に謙遜語を使う日本の心は素晴らしいなーとsamurai魂の私はとても感動した


近年、この言葉は廃れている気がする
それは、知識が無い為に解釈がおかしいからだ

ラジオは知識の泉!

私は、これから『お粗末様でした』という言葉をしっかり使っていこうと思った




この子はどんな素敵な女の子に育つのだろう
未来がとても楽しみだ

e0230987_22481446.jpg




kayoko nakamura
[PR]
# by maisondefanfare | 2015-01-22 22:50 | Comments(0)

優等生と通学路

すごいたくさんの人と毎日すれ違い

小学生の頃に比べたら、たくさんの友達や知り合いが増えた
きっとこれからも大切な人たちとは出会い、知り合って行くだろう

お正月に実家に帰った時に、実家に届いた家族宛のたくさんの年賀状をふっと 見ていた

みんなが元気そうに写真に写っていたり、みんなのこどもたちが大きくなっていて
あ〜〜いいなあ、年賀状っていいなあ、手紙っていいなあとしみじみ思って見ていた


そしたら、なんとこどもの頃の幼なじみのめぐみちゃんから、母宛に年賀状が届いていた

2人のこどもの写真と手書きのメッセージが添えてあって、とっても愛があるものだった

なぜ母に??と思ったと同時に、そうかーとも納得が行った




めぐみちゃんの家はすっごく近くて、小学校の6年間と中学校の3年間ぐらいはほぼ毎日、一緒に通学していた

めぐみちゃんは、クラスNO,1ぐらいの秀才で、スポーツもできて、しかも可愛い!!という文句が1つもない子だった

私もクラスや先生を笑わす事に関しては無敵だったが
なぜ私と仲が良かったのか?なぜ私にあんなにも優しくしてくれたのか?
というぐらい、今考えると私の人生7不思議の一つに上がるぐらいだった

家が近いという事と、めぐみちゃんが優しかったからだけが、繋ぐ糸だっただろう

いつも朝の支度が遅かった事を、今大人になり謝りたい
次に会った時には絶対、謝ろうと今思っている

学校から帰って来たら、毎日遊んで、冒険に出かけたり、ファミコンしたり、雪が降ったら一緒に雪にダイブして遊んだりした
良い思い出の集まりである



そんなめぐみちゃんは、お母さんが看護師だった事やいろいろな事で小学校の時の夢を叶えて看護師さんをしているらしい
彼女は、もう2児の母親だ
小学校ならず、人生の優等生だ

私は写真家と言う、田舎で親戚の集まりがあると、必ずもっとまともな仕事しろっと言われ続けている
近年はどうにか結婚できたので、周りの目が厳しくないが
普通の人には、イマイチ ピンと来ない仕事に就いている



ほんと、人生小学校の時の生活の仕方で大方決まってるぜって思ってしまう


そして、娘たちと共に母親たちも仲がよくて
今じゃ、毎日メールや電話や、行ったり来たりしているらしい

母親たちも、もういい年なのでいろいろな生活事情があり、支え合ってるように見えるし感じる



そんな事を知ってか知らずか、めぐみちゃんはうちの母を気遣い年賀状をくれていた


私は、そんな彼女の心遣いに度肝を抜かれた
友達のお母さんに年賀状を書くなんて、たいしたもんだな〜すごい!大人だな〜と。
正月早々、脱帽ですよ
人生優等生だな、大賞受賞だ



いつか、めぐみちゃんの家族写真が撮れたらいいな


e0230987_22402199.jpg



kayoko nakmura
[PR]
# by maisondefanfare | 2015-01-21 22:41 | 日々のこと | Comments(0)