人気ブログランキング |

<   2020年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Burberryのケープ展

こちらは少し前の2017年に行った展示会のことです。


果てしない時間と労力をかけたケープの展示を観たので、こちらでもご紹介します。


Burberryのイメージといえば、トレンチコートですよね。


私の学校の先輩が、美しい玉虫色のバーバリーのトレンチコートを着ていて、聞いてみたらお母様のお下がりということで、それは本当に時代の流れを感じさせないくらい仕立ての良いコートだったので感動した思い出があります。


それからたまたま表参道でケープの展示を開催することを知って早速行ってきました。


ケープも、ブランドとしてとても力を入れているものだそうです。


Burberryのケープ展_e0230987_21215393.jpeg


Burberryのケープ展_e0230987_21222392.jpeg



こちらはスパンコールを刺繍したもの。最初は毛皮のうねりなのかと思ったら全部スパンコールでした。ひゃぁ〜、狂っちゃいそう。


Burberryのケープ展_e0230987_21225516.jpeg



Burberryのケープ展_e0230987_21231709.jpeg

こちらに使われているレースは、作っている職人さんが現在はあまりいないようで、とても貴重なもの。作品から輝きを感じます。

Burberryのケープ展_e0230987_21240261.jpeg


こちらは様々な素材の布地を羽の形に切って縫い付けたもの。

Burberryのケープ展_e0230987_21254391.jpeg

Burberryのケープ展_e0230987_21261188.jpeg

この配置が少しでもおかしいとあまり素敵にならないんですよね。こちらも果てしない時間がかかりそうです

Burberryのケープ展_e0230987_21265340.jpeg


伝統と技術は、作り手本人の伝承する意思と周りの協力なくしては守っていくことができません。


ハイブランドはお値段がお高めですが、その背景には様々な理由があり、こうした技術や職人さんを守っていると思うと尊いなぁと思います。


Burberryのケープ展_e0230987_21280265.jpeg

洋服以外にも、日本や世界中には多くの素晴らしい技術があるんだろうなぁと思うと、観に行きたくて心が踊ります113.png


コロナウイルス関連のニュースが続いておりますね。

どうか皆さまゆっくり休んで無理をせずにお過ごし下さいね。


maison de fanfare

服飾作家 中村泰栄


153-0041

東京都目黒区駒場4-8-2 1F

〔小田急線〕東北沢 東口より徒歩4

〔京王井の頭線〕池ノ上駅 北口より徒歩5

〔小田急線・東京メトロ千代田線〕代々木上原駅南口1より徒歩10


googleで行き方が見れます

https://g.page/maisondefanfare?gm

Open:1018時 水木休み


お店は予約制ではないのですが、私が不在の場合があります。お問い合わせやご用がある場合はこちらにご連絡ください。2日営業日以内にお返事いたします。

Mail: maison.de.fanfare.418@gmail.com


110.png{今日は故郷の八戸で春を呼ぶお祭りの【えんぶり】が始まるのと、母の誕生日だ〜。181.png)



by maisondefanfare | 2020-02-17 06:00 | 展示 | Comments(0)

ミナ ペルホネン/皆川明 【つづく】展へ

おはようございます。


今日のお目覚めはいかがでしょうか?


私は先日、清澄白河にある東京都現代美術館へ行ってきました。

ミナ ペルホネン/皆川明 【つづく】展へ_e0230987_19553431.jpeg

現代美術館に行くのは改修工事が終わってから初めてでワクワクしました162.png


観に行ったのはミナ ペルホネンの大規模な展示【つづく】です。


ミナ ペルホネン/皆川明 【つづく】展へ_e0230987_19555445.jpeg

展示は本日216日までとなります。本当はもっと早く行きたかったのですが、結局最後の週になってしまい、こちらに記事にするのも展示最終日になってしまいました。


今度からは素敵な展示があったら早めに行って、こちらでご紹介しますね(^^)


【つづく】展の中で、写真OKなところがあり、惹かれるものを撮ってきました。


ミナ ペルホネン/皆川明 【つづく】展へ_e0230987_19563749.jpeg

皆川さんの心情風景が描かれたような布地たち。圧巻です。


洋服の森では、あれも可愛い、これも可愛いと上ばかり見上げて危ない危ない。

ミナ ペルホネン/皆川明 【つづく】展へ_e0230987_19574965.jpeg

お友達でミナのお洋服をいつも着ている子がいて、久々にその友人に会えたような気がしてほっこりしました。

ミナ ペルホネン/皆川明 【つづく】展へ_e0230987_19583755.jpeg

ミナ ペルホネン/皆川明 【つづく】展へ_e0230987_19591063.jpeg

1着の服が皆川さんのデザインから生まれて多くの人の手を経て店頭に並んでいることがよくわかる構成になっていました。

今回はそれを丁寧に紹介していて良かったです。工場でこの布地を作った人が見たら嬉しいだろうなぁ。


今回、来場者の様々な年代の方がミナのお洋服を着ていて、ミナ ペルホネンが多くの方に愛されているブランドなんだなぁと優しい気持ちになった展示でした。


やっぱり丁寧に作られた仕立ての良い洋服って良い。

これからも仕立ての良い服を見に出かけよう。


良い日曜日になりますように。

ミナ ペルホネン/皆川明 【つづく】展へ_e0230987_20005875.jpeg

maison de fanfare


服飾作家 中村泰栄


153-0041

東京都目黒区駒場4-8-2 1F

〔小田急線〕東北沢 東口より徒歩4

〔京王井の頭線〕池ノ上駅 北口より徒歩5

〔小田急線・東京メトロ千代田線〕代々木上原駅南口1より徒歩10


googleで行き方が見れます

https://g.page/maisondefanfare?gm


Open:1018時 水木休み


お店は予約制ではないのですが、私が不在の場合があります。お問い合わせやご用がある場合はこちらにご連絡ください。2日営業日以内にお返事いたします。

Mail: maison.de.fanfare.418@gmail.com


by maisondefanfare | 2020-02-16 06:00 | 展示 | Comments(0)

ひと知れず


ひと知れず_e0230987_23303479.jpeg


ひと知れず、冬の寒い間に街路樹は蕾をふくらませて花を咲かせる準備をする。


ひと知れず、会うことのできない遠くの誰かを思い祈る。


ひと知れず、ご飯を美味しく作り続ける。


ひと知れず、働く喜びを知る。


ひと知れず、表現を続ける。


ひと知れず、こどもを育てている。


ひと知れず、がこの世界を支えている。

海を超えたところにいる人が、私の肌着を作っているかもしれない。


会ったこともない人が、毎日飲むコーヒーやチョコレイトの原料を作っている。


ひと知れず、今頑張っているひとたちにありがとう。


maison de fanfare

服飾作家 中村泰栄


153-0041

東京都目黒区駒場4-8-2 1F

〔小田急線〕東北沢 東口より徒歩4

〔京王井の頭線〕池ノ上駅 北口より徒歩5

〔小田急線・東京メトロ千代田線〕代々木上原駅南口1より徒歩10


googleで行き方が見れます

https://g.page/maisondefanfare?gm


Open:1018時 水木休み


お店は予約制ではないのですが、私が不在の場合があります。お問い合わせやご用がある場合はこちらにご連絡ください。2日営業日以内にお返事いたします。

Mail: maison.de.fanfare.418@gmail.com


by maisondefanfare | 2020-02-15 06:06 | 日々のこと | Comments(0)

ブログを読んで、青森からのご来店

おはようございます

今日はどのようなお目覚めですか?


この日記は毎朝6時にアップされるように投稿しているため、今日から朝の挨拶を取り入れてみました104.png


ここはなんだか、ゆったりとした時間が流れているなぁと感じます。

みなさんは好きなSNSはありますか?


私はTwitterが好きです。

文章と画像を掛け合わせた大喜利のような投稿が面白くて、つい暇な時に見てしまいます。

クククと笑っています。

@maisondefanfareで呟いておりますので、良かったらフォローしてみてください110.png



話は変わって、

前に八戸のはっちでお店をやっていた頃から気にかけてくださっていた方がお店に遊びにきてくれたことがありました。


ご夫婦でご来店してくださり、それはそれは嬉しかったです162.png


色々お話してアクセサリーなどもお買い物をしてくださった後、帰り際にこれをどうぞと八戸名物のお土産をそっと渡してお帰りになりました。


去り際のお土産に、その方々のさりげないお心遣いが伝わり、お会いできたことがじんわりと嬉しく身体に広がりました。

ブログを読んで、青森からのご来店_e0230987_16061013.jpeg


こちらを見ていてくれているか分からないのですが、その節はありがとうございました。


今日はバレンタインデーですね。あまい甘い素敵な1日になりますように181.png



maison de fanfare

服飾作家 中村泰栄


153-0041

東京都目黒区駒場4-8-2 1F

〔小田急線〕東北沢 東口より徒歩4

〔京王井の頭線〕池ノ上駅 北口より徒歩5

〔小田急線・東京メトロ千代田線〕代々木上原駅南口1より徒歩10


googleで行き方が見れます

https://g.page/maisondefanfare?gm

Open:1018時 水木休み


お店は予約制ではないのですが、私が不在の場合があります。お問い合わせやご用がある場合はこちらにご連絡ください。2日営業日以内にお返事いたします。

Mail: maison.de.fanfare.418@gmail.com


by maisondefanfare | 2020-02-14 06:00 | お店のこと | Comments(0)

ネコとパンとフラダンス

私の母はたまにパン教室に通っています。そこでは、発酵の時間に先生が毎回スイーツを作ってきてくれて、休憩がてら食べるそうです。


そして出来上がったパンは家族にお土産として持ち帰っているそうです。


私は食べものの習い事をしたことがないので、話を聞くたびにパン教室が羨ましく思います。もちろん、先生が作ったおやつに惹かれて。


そこでの集まりに、母が私の作ったkolo bagを持っていってくれたようで、そこに居合わせたお二人からバッグのご注文をいただきました。

ネコとパンとフラダンス_e0230987_20104761.jpeg

ネコとパンとフラダンス_e0230987_20111424.jpeg

はっち入居当初に作っていたスワンの形のまぁるいバッグ。


おふたりともご希望がそれぞれありました。出来上がったものと一緒にご覧ください。


H様のご希望

①表は赤色で裏地はテラコッタ色の花柄

②バッグの座りが良いように、下は平にしてほしい

③表には猫のアップリケと裏には足跡の刺繍

④ショルダータイプにしてほしい

ネコとパンとフラダンス_e0230987_20115953.jpeg



T様のご希望

①表は黒色で裏地は黄色に花柄

②フラダンスを習っているということで、プルメリアの花をつけてほしい

③脇にペットボトルを入れるための別布をつけてほしい

④表には猫のアップリケと裏には足跡の刺繍

ネコとパンとフラダンス_e0230987_20122615.jpeg

ネコとパンとフラダンス_e0230987_20130621.jpeg


気に入って使ってくださっていたら嬉しいです110.png


現在は注文品をたくさんいただいているのと、次のプロジェクトへ準備を進めているため、個人様のご注文のご依頼は申し訳ありませんがお断りをしております119.png

よろしくお願いします



maison de fanfare

服飾作家 中村泰栄


153-0041

東京都目黒区駒場4-8-2 1F

〔小田急線〕東北沢 東口より徒歩4

〔京王井の頭線〕池ノ上駅 北口より徒歩5

〔小田急線・東京メトロ千代田線〕代々木上原駅南口1より徒歩10


googleで行き方が見れます


https://g.page/maisondefanfare?gm


Open:1018時 水木休み


お店は予約制ではないのですが、私が不在の場合があります。お問い合わせやご用がある場合はこちらにご連絡ください。2日営業日以内にお返事いたします。

Mail: maison.de.fanfare.418@gmail.com


by maisondefanfare | 2020-02-13 06:00 | 注文制作の作品 | Comments(0)

国家検定(婦人子供注文服製作)の試験結果

さて、先日の記事【洋裁の国家検定を受験しました】の結果報告です。


筆記試験が終わったある日、荷物が着払いで送られてきました。


事前の連絡も無しに着払いで荷物を送ってくるような知り合いはいないぞっ!誰だろう?

と思ったら、受験をした本部()からでした。


受験したときは、結果発表後に本部に洋服を取りに来てくれたらアドバイスを含めた講評します。と聞いていたのに...。なんのコメントもなく、ただ服が送られてきた。不思議だ。


この服を見て自己採点しなさいという無言のご指導なのですか。


私は少し開けて、中身を見てまたそっと袋の中にしまいました。159.png


そして筆記試験から1ヶ月が経った104日に、結果発表の日が来ました。

...

無事に合格しておりました。179.png103.png

国家検定(婦人子供注文服製作)の試験結果_e0230987_21514494.jpeg

国家検定(婦人子供注文服製作)の試験結果_e0230987_21520969.jpeg

洋装協会の広報誌にも名前が載ってました。 

現在の姓は柴野です


そして合格証書をもらえるのは、さらに2ヶ月後の1220

なんだか、物事がサクサク進む現代に身を置いていると、ものすごくゆっくりに感じます。



これも何か

『待たれよ、そなたは急いてはいかん』という神のお告げ?!118.png


しかも、1220()10:0016:00に新宿の都庁に行かないと、合格証書がもらえないのです。これってすごくハードル高くない?平日お仕事ある人は有給取っていったのかな?


私は大切な用事が10:30からあったので、鼻息荒く、ラッシュのピーク時に電車に乗って行きました。


二級合格者の中では1番に到着し、1番前でスタッフの方をキラキラと見つめていた(迷惑ゴメン)からか9:50には受理できました。もう自主的に1番前を決めこみました。

国家検定(婦人子供注文服製作)の試験結果_e0230987_12224514.jpeg

あぁ〜、長い日数を経て得た合格証書だ。嬉しいな。


次は一級目指して頑張ります。


実はこの後、間髪入れずに1月にパターン(洋服の型紙)の国家検定を受けました。


このお話はまた今度。合否が分かってから書きますね。125.png


maison de fanfare

服飾作家 中村泰栄


153-0041

東京都目黒区駒場4-8-2 1F

〔小田急線〕東北沢 東口より徒歩4

〔京王井の頭線〕池ノ上駅 北口より徒歩5

〔小田急線・東京メトロ千代田線〕代々木上原駅南口1より徒歩10


googleで行き方が見れます

https://g.page/maisondefanfare?gm


Open:1018時 水木休み


お店は予約制ではないのですが、私が不在の場合があります。お問い合わせやご用がある場合はこちらにご連絡ください。2日営業日以内にお返事いたします。

Mail: maison.de.fanfare.418@gmail.com



by maisondefanfare | 2020-02-12 06:00 | 日々のこと | Comments(0)

東京・下北沢にあるおすすめのケーキ屋さん

下北沢駅方面は目黒区駒場にある当店から、歩いて15分くらいで着きます。


劇場や洋服屋、ご飯屋さんがたくさんある下北沢の中でも、落ち着いてゆっくりできるケーキ屋さんがあります。


その名もカフェ《ZAC》さん181.png


仕事が終わった後に下北沢で友人に会う時は、ザックに行こうと誘っていきます。夜まで営業してくださるので、ご飯の後のちょっとお茶でも、という気分のときに良いです。


お店は二階建てで、一階が禁煙、二階では喫煙ができるそうです。いつも二階からお客さんが降りてくるので、甘いものが好きな男性にも嬉しいお店でしょう。


テーブルにはいつもお花が活けてあり、付かず離れずなおもてなしが居心地抜群です。


そしてケーキが美味しい。個人的にはブルーベリー&サワークリームのタルトが好きですが、全部おいしいので、お好きなものを試してみてください。

東京・下北沢にあるおすすめのケーキ屋さん_e0230987_19265266.jpeg

写真はバナナタルトとレアチーズです111.png


メゾンドファンファーレに遊びにいらっしゃる際にはぜひ下北沢にも行ってみてください。


maison de fanfare

服飾作家 中村泰栄


153-0041

東京都目黒区駒場4-8-2 1F

〔小田急線〕東北沢 東口より徒歩4

〔京王井の頭線〕池ノ上駅 北口より徒歩5

〔小田急線・東京メトロ千代田線〕代々木上原駅南口1より徒歩10


googleで行き方が見れます

https://g.page/maisondefanfare?gm


Open:1018時 水木休み


お店は予約制ではないのですが、私が不在の場合があります。お問い合わせやご用がある場合はこちらにご連絡ください。2日営業日以内にお返事いたします。

Mail: maison.de.fanfare.418@gmail.com


by maisondefanfare | 2020-02-11 06:00 | おすすめのお店 | Comments(0)

特別展「八戸90年の歩み」についての感想と御来館のお礼

昨年の話になりますが、2019713日から825日まで八戸市博物館の特別展にて1920年代頃の子ども服を再現製作させていただきました。


特別展「八戸90年の歩み」についての感想と御来館のお礼_e0230987_13415078.jpeg


特別展「八戸90年の歩み」についての感想と御来館のお礼_e0230987_13424154.jpeg


特別展「八戸90年の歩み」についての感想と御来館のお礼_e0230987_13432636.jpeg


特別展「八戸90年の歩み」についての感想と御来館のお礼_e0230987_13492747.jpeg
特別展「八戸90年の歩み」についての感想と御来館のお礼_e0230987_13494571.jpeg



特別展「八戸90年の歩み」についての感想と御来館のお礼_e0230987_13505047.jpeg


特別展「八戸90年の歩み」についての感想と御来館のお礼_e0230987_13511934.jpeg

博物館からお話をいただいたのがその一年前の8月のお盆時期でした。丁度、昔の暮らしに興味があったので、そのお仕事のご依頼があったことをとても嬉しくありがたく思いました。


昨年のゴールデンウィークには、博物館から依頼を受けた資料を元に、仕立て方や型紙を研究しました。

区立の大きな図書館に行って、コンシェルジュの方が当時の子ども服の資料を一緒になって探してくださいました。

本当に親切にしてくださり、資料が見つからなかった分は国立国会図書館のデータを閲覧できるようにしてくださいました。


資料を集めた後は、洋裁の千田先生が丁度その時代にこどもだったということもあり、熱心なご指導をしていただきながら仕立てました。


特別展「八戸90年の歩み」についての感想と御来館のお礼_e0230987_13434845.jpeg

無事に発送も完了し、展示もスタートできたと学芸員の方から連絡があった時はホッとしました。


デーリー東北新聞さんにも学芸員山野氏が書いた展示の様子が載りました。

特別展「八戸90年の歩み」についての感想と御来館のお礼_e0230987_16275823.jpeg


展示が終わり、みなさまのご感想が博物館から送られてきました。


アンケートを書いてくださった方、

ノートに感想を書いてくださった方、ありがとうございました。


観劇をしたり、コンサートに行ったりするとアンケートの記入を求められますが、このように作者に届くのだなぁと実感しました。


「あの頃のお洋服」(子ども服再現)についての感想(一部抜粋)

特別展「八戸90年の歩み」についての感想と御来館のお礼_e0230987_13443681.jpeg

特別展「八戸90年の歩み」についての感想と御来館のお礼_e0230987_13451870.jpeg

特別展「八戸90年の歩み」についての感想と御来館のお礼_e0230987_13453729.jpeg

特別展「八戸90年の歩み」についての感想と御来館のお礼_e0230987_13455850.jpeg

みなさまのご意見、ちゃんと届いてます。

お子さんたちからの手書きのノートに色んな絵が書いてあってとっても感激!これからも励みますのでよろしくお願いします110.png



maison de fanfare

服飾作家 中村泰栄


153-0041

東京都目黒区駒場4-8-2 1F

〔小田急線〕東北沢 東口より徒歩4

〔京王井の頭線〕池ノ上駅 北口より徒歩5

〔小田急線・東京メトロ千代田線〕代々木上原駅南口1より徒歩10


googleで行き方が見れます

https://g.page/maisondefanfare?gm


Open:1018時 水木休み


お店は予約制ではないのですが、私が不在の場合があります。お問い合わせやご用がある場合はこちらにご連絡ください。2日営業日以内にお返事いたします。

Mail: maison.de.fanfare.418@gmail.com



by maisondefanfare | 2020-02-10 06:00 | 展示 | Comments(0)

洋裁の国家検定を受験しました②

昨日のつづき。


前回の実技から1ヶ月と少し経ち、91日に学科の筆記試験がありました。

場所は中野にある明治大学のキャンパス内です。

洋裁の国家検定を受験しました②_e0230987_15120859.jpeg

婦人子供注文服製作作業に関する内容って...洋裁をされている方からすると一見範囲が広すぎませんか?


私は1人では絶対合格できなかった自信があります!105.png


現在勉強させていただいている千田先生の洋裁教室の生徒さんが、奇跡的に過去20年分くらいの試験問題を持っており、一緒に受験したKさんと試験問題を回しながら取り組みさせてもらいました。

本当にこれが無かったら、範囲が広すぎて分からなかった...149.png周りの人の優しさに感謝、感謝、感謝です。


家にいると集中できないので、図書館で勉強をしたり、近くのファミレスで勉強をしたりしました。この時期は服飾の勉強が出来て意外と楽しかったです。


この試験期間中、家庭を犠牲にして勉強をすることが多かったので旦那さんの協力なくては受験できなかったと思います。

周りの方々にも、国家検定を受けると宣言していたので、背水の陣です。絶対受からなくては!家に帰れぬ...!!



そして当日がやってきました。

この日は1245分に集合です。


新しくて綺麗なキャンパス、こんなところで大学生活が送れたら楽しいだろうなぁと思いながら会場を歩き、いざ席へ。


またもや一番前!!今回は大学内の教室なので、本当に一番前の真ん中でした。見上げれば、審査員。


試験はマークシート形式で、1時間ほどで終わりました。


何日も、何時間もかけてきたことが1時間で運命が決まってしまう。カリカリ、カリカリ...こういう経験は高校生以来です。

洋裁の国家検定を受験しました②_e0230987_15143487.jpeg

なんとか全問答えて無事に終わりました。


結果はどうなるか...?!なんと結果は10月に分かるのです。

また1ヶ月後かぁ、いう感じです。


結果についてはまた今度。

明日は違う内容にしてみます177.png


maison de fanfare

服飾作家 中村泰栄


153-0041

東京都目黒区駒場4-8-2 1F

〔小田急線〕東北沢 東口より徒歩4

〔京王井の頭線〕池ノ上駅 北口より徒歩5

〔小田急線・東京メトロ千代田線〕代々木上原駅南口1より徒歩10



Open:1018時 水木休み


お店は予約制ではないのですが、私が不在の場合があります。お問い合わせやご用がある場合はこちらにご連絡ください。2日営業日以内にお返事いたします。

Mail: maison.de.fanfare.418@gmail.com


by maisondefanfare | 2020-02-09 06:00 | お洋服 | Comments(0)

洋裁の国家検定を受験しました①

昨年の2019年7月に【婦人子供注文制作】の国家資格となる技能検定を受けてきました。


この検定はもう何年も前から受けたかったもので、どうやって受験したら良いのだろう?というところからのスタートでした。


当時、技能検定を主催しているところを調べて行っても、何を受けたいのか自分でも説明が出来ずに門前払い。

太陽ギラギラのアスファルトが照りつく新宿で、青森から出てきた娘は、東京のクールな一面を知ったのでした。


そうしていたら6年目でご縁が繋がり、今洋裁を教えてくださっている千田先生が技能検定の指導をしてくださると知りました。

洋裁の国家検定を受験しました①_e0230987_16201593.jpeg

洋裁の師匠である千田先生については、お話ししたいことがたくさんありますが、それはまた次の機会に書きますね。


先生に「受験したいです!」と申し出したところ、なんと「今年はもう終わったわよ」というお返事が返ってきました。うわーん145.png年お預けです。


やっと、受けられる年を迎え、見本を元に1着作りました。

それから足立区綾瀬にある東京都立城東職業能力開発センターにて講習会に参加しました。

そこからも、暇さえあればずっと練習の日々です。


私が受験するのは二級でブラウスを6時間30分で仕立てるという課題でした。ミシンはダダダでできるけど、手縫いが多いこと...

ミシン4割、手縫いが6割くらいありました。



そうして迎えた試験当日。集合時間は8:10です。

洋裁の国家検定を受験しました①_e0230987_16234728.jpeg
実技試験の席順を決めるくじがあり、私が引いたのは7番でした。これは、絶対一番前じゃない110.pngと自信満々で会場に行ったら、コの字になっており、私の横が審査員席でした。

審査員のみなさん、めっちゃこっち見てくる...(というか、身体がこっちを向いているので視線を感じる)

緊張して、針を持つ手から汗が滝のように流れました。こんなに手に汗をかくことは人生で初めてです。


最後の方は針がサビかけて、キュウキュウ言ってました。笑


ブラウスは最後の5分前に完成し、5分でプレスと着せ付けをしました。


試験の後半から、審査員の先生たちの前でそんなに見たいなら、私を見なさい。というソーイングパフォーマンス気分になりました。(ホントおこがましくてすみません)


試験が終わった後、審査員の先生が近づいてきて、ポツリと「あなた、綺麗に縫うわね」と言ってくださいました。


私のパフォーマンス、見てくださったのですね...あぁ!!

と帰り道打ちひしがれながら帰りました。


そこから1ヶ月と少し時間があいて、洋裁の筆記試験がありました。


明日に続く156.png



maison de fanfare

服飾作家 中村泰栄


153-0041

東京都目黒区駒場4-8-2 1F

〔小田急線〕東北沢 東口より徒歩4

〔京王井の頭線〕池ノ上駅 北口より徒歩5

〔小田急線・東京メトロ千代田線〕代々木上原駅南口1より徒歩10


googleで行き方をチェック

https://g.page/maisondefanfare?gm


Open:1018時 水木休み


お店は予約制ではないのですが、私が不在の場合があります。お問い合わせやご用がある場合はこちらにご連絡ください。2日営業日以内にお返事いたします。

Mail: maison.de.fanfare.418@gmail.com


by maisondefanfare | 2020-02-08 06:00 | お洋服 | Comments(0)